FC2ブログ

心でしかよく見えない

以前は何十匹もいた猫、今は家猫3匹外猫3匹になり、初めて犬のいない暮らしをしています。英語、フランス語、ドイツ語、ピアノ、細々と続けています。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より。

猫小屋のニャン
2017-02-24 06:58


カナダの先生が作ってくれた小屋に猫が!
私がご飯を持って行くといつも外にいるので写真が撮れずにいましたが、カナダの先生が先日確かめに行ったら中に入っていたとのことで写真も撮ってくれました。
もう一匹の外猫は最近家の中にも入ってきて私に足にすりすりします。先日雀を捕らえて私に見せに来たので私を飼い主と思っているようで雀はかわいそうでしたが嬉しかったです。

I was happy to know that the stray cat has been using the cat house which my Canadian teacher made for him. Especially on a night like last night, as it was raining and the wind was blowing hard. He must have felt comfortable inside it.
The other cat I have been feeding outside often rubs himself against me, and he doesn't hesitate to come into my house nowadays.
He must think that I am his owner. When he caught a sparrow recently, (poor bird!) he came up to me holding the bird in his mouth to show it to me.
I hear that is one of the habits of domestic cats, they want to show off their bird-catching skills.

Je suis très contente de savoir que le chat errant ait utilisé la niche que mon professeur canadien avait faite pour lui. Surtout comme pendant la nuit dernière où il pleuvait et soufflait dur, il devait se sentir à l'aise à l'intérieur.
L'autre chat que je nourris à l'extérieur se frotte contre moi, et il n'hésite pas à entrer dans ma maison de nos jours.
Il doit penser que je suis sa propriétaire, car il a récemment attrapé un moineau ( pauvre oiseau!), et il est venu vers moi tenant le fruit de sa chasse dans sa gueule pour me le montrer.


トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/1106-9db25ef0
トラックバック
コメント
Riekoさん、猫は可愛くて良いですよね
癒しになります
うちは、しろがお星さまになって、まること2人まだ辛いですよ
まおと言う猫はテイクアウトするのが好きで骨だけにして食べていましたよ(笑)
でも、その残骸を片付けるのはいつも薫子でした

それと、薫子ライテングもう駄目になってます
教授のところのコメントならなんとか感覚で読めるの
薫子は、英会話はヒャリングや英語圏の人達との会話で
何とかって感じ
Riekoさんがどんなに頑張ってたのが見えてくる
おまけにフラン語まで
確かに、先生についてるのとついてないのじゃ全然違うと思うけど
ライテングは諦めた
感覚人間の薫子、ブロークンで話せるようになるだけにしたよ。。
報告までに。。。。。。

Posted by 薫子 at 2017-02-24 08:08 | 編集
薫子さん、
かわいがっていたにゃん子やワンちゃんいなくなるとすごく寂しいです。
私も何十匹も犬猫これまでに飼ったからよくわかります。
でも永遠の命はないし大事にしてあげたからと亡くなった時は自分に言っています。
英語を頑張って勉強したのは若い時5年くらいだけです。
舅姑と住んでいたし息子を育てるのに一生懸命で仕事もあったので勉強なんてする間がありませんでした。
ただいつもプライベートティーチャーがいて英語を話す時間はあったし、
昔は大勢外国の友人がいました。(今はフェイスブックでしか交流がありません。)
この頃は毎日英字新聞をちらっと見て映画やアメリカドラマを字幕なしかあるいは英字字幕で見るくらいです。
語学は趣味だから別に誰と比べるわけでもなく気楽に楽しんでいたいと思っています。
薫子さんといっしょにこれからも進歩できるといいなと思っています。
Posted by ReikoJanvier at 2017-02-24 19:42 | 編集
よかったですね、気に入ってくれて!
雨風を凌ぐにはいいと思ったのでしょうね。
Reikoさんも安心されたことでしょう。
5年ほど前に外猫だったミケ子という猫は
夜に蝉を持ってきてくれたことがあります。
とても大切に思っていた猫だったので
気持ちだけありがたく受け取りました。
Posted by NEccoSun at 2017-02-24 22:13 | 編集
こんばんは。

外猫ちゃんの一匹は雨風をしのぐことが出来たんですね。
そして一匹は家の中へも・・・・・・

僕も一軒家に住みたいです。
こうしてニャンコを救うことも容易になるしね。

いつか全ニャンコを引き連れて移住するのが夢です。
Posted by 孝ちゃんのパパ at 2017-02-25 00:43 | 編集
NEccoSunさん、
ミケ子ちゃんも同じことをしたのですね、以前の私の飼いネコもよく捕ってきましたが、
嬉しいようなちょっと犠牲になった生物がかわいそうな複雑な気持ちになりました。
やっと厳しい時期を出しつつあるので外猫ちゃんもやれやれです、
みんな元気でいてれるとほっとします。
お互いに猫たちのために時間費やしてしまいますが私達の運命かも・・・。
Posted by ReikoJanvier at 2017-02-25 08:10 | 編集
孝ちゃんのパパさん、
一軒家だとさらに猫ちゃん増えてしまうかもしれませんよ。
出たり入ったりできて猫ちゃんも自由でよいかもしれませんが、
他所の猫も来るようになるんです。
先日もお隣さんの猫が家に入り込んでいました。
外猫もいろいろ性格がちがって憶病な猫は損します。
私になついていても他の猫とうまくいかなかったりします。
どの世界でもあることですが。
Posted by ReikoJanvier at 2017-02-25 08:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する