FC2ブログ

心でしかよく見えない

現在猫6匹のみ、初めて犬のいない暮らしをしています。ピアノ、英語、フランス語歴は長いですが、数年前からドイツ語勉強し始めました。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より

桜色
2017-04-06 06:07


My father wanted to walk in the garden since it was warm yesterday. Last year, he was able to enjoy
去年の春は桜もきれいに映った父の目も、昨日付き添って散歩したら花が同じ色に見えるとのこと、
私のドレスが桜色だともわからないようで、父の寂しさを感じました。

Since it was warm yesterday my father wanted to walk in the garden.
Just one year ago, he was able to enjoy the cherry blossoms in his garden and also I took him to the nearest park to see the different types of cherry blossoms which are darker pink.
Yesterday, however, he couldn't tell the difference between them. All the flowers were a similar color. It is a shame. Even though he had an opportunity to have a beautiful day, viewing the "Sakura" was not a special spring event for him anymore. He said I was wearing a nice dress, but he was not able to tell if it was pale pink or not.
Mon père a voulu marcher dans le jardin car il faisait chaud hier.
L'année dernière, il a pu admirer les fleurs de cerisiers dans son jardin et dans le parc le plus proche de chez lui.
Hier, cependant, il pouvait seulement dire qu'il y avait beaucoup de fleurs, mais toutes les fleurs étaient de couleur similaire pour lui.
C'est dommage! Même s'il a pu profiter d'une belle journée, la fleur de "Sakura" n'est plus une fleur de printemps spéciale pour lui.
Il a dit que je portais une belle robe, mais il ne pouvait pas dire qu'elle était rose.
トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/1148-b29a097d
トラックバック
コメント
Reikoさん、お久しぶりです
お元気でしたか?
今日のセンテンスはなんとなく分かりましたよ
情けないですがね

お父様、ご心配ですね
Reikoさんの桜色の素敵なワンピースの色が分からないなんて。。。
辛いですね
薫子も、父を看取りましたので少しはReikoさんの気持ちになれるかもです
ううん、気持ちにはなれないでしょうね
だって、Reikoさんに取ってお父様は只一人ですもんね
介護疲れ、無理せすされてね^^
Posted by 薫子 at 2017-04-06 08:33 | 編集
薫子さん、
薫子さんもいろいろ大変そうですが元気にしてみえますか。
父はまだ歩けるし、色はよく分からなくてもまだ見えます。
母が亡くなって十年以上になりますがよく長生きできたなと思っています。

私は父親っ子ではないので今になって毎日のように行く事になるとは思っていませんでした。
父もずっと弟を特に可愛がっていたんですよ。
生きる気力があるのでひょっとしたら私より長生きするかもしれません。

Posted by ReikoJanvier at 2017-04-06 13:05 | 編集
ReikoJanvierさんへ

昨年のご記憶があるので心の目で楽しまれていると思います
お父様の目になって寄り添ってあげて下さいねー
お父様にとっては、ReikoJanvierさんに、沢山の愛情を注いでいらっしゃいますからねー
Posted by ぴんくモッチー at 2017-04-08 00:22 | 編集
ぴんくモッチーさん、
実はその逆なんです。
私は小さい頃から弟ばかりかわいがる父を嫌っていました。
結婚してからも主人や父の誕生日、敬老の日、父の日など、
一緒にレストランで食事はしましたが、
実家へ帰ったことがなかったんです。
今になって父が私に頼るので少し不満の私です。
母のお金を相続する時もも父が私に判を押すように頼んだの放棄しました。
Posted by ReikoJanvier at 2017-04-08 07:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する