FC2ブログ

心でしかよく見えない

以前は何十匹もいた猫、今は家猫3匹外猫3匹になり、初めて犬のいない暮らしをしています。英語、フランス語、ドイツ語、ピアノ、細々と続けています。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より。

愛らしい姪
2017-08-28 05:59


(写真は私の猫、ボタン&さくら)

母の猫の葬式のためにはるばる東京から愛知へ戻ってきた姪と門でばったり会いました。モデルさんのようにほっそりとかわいらしい姪、涙をふきふき頭を下げただけで私を見ませんでした。自分もかわいがっていた猫だったのでよほど悲しかったのでしょう。小学生の時やはり自分の猫が亡くなって学校を休んで一日泣いていました。情に深く涙もろい母を思い出しました。

When I was about to leave my father's place yesterday afternoon, it took me a while to notice that the pretty, slender girl standing in the yard was my niece.
She looked like a mannequin as her arms and legs were fair, and she was wearing a miniskirt.
As my mother's cat died recently, my niece came all the way back from Tokyo to pray for the cat. She was whimpering and would not look up. I remember that she cried all day long, and didn't go to elementary school when her cat passed away about 15 years ago. When my mother was still alive, she told me this story, saying that all our family members have tender hearts and are compassionate.
Well, I also may be so, but I am not as sentimental as my mother and my niece.

Quand j'allais partir de chez mon père hier après-midi, il m'a fallu un moment pour remarquer que la belle et mince fille qui était là était ma nièce.
Elle était comme un mannequin avec ses bras blancs et ses jambes blanches en minijupe.
Comme la chatte de ma mère est morte récemment, elle est revenue de Tokyo pour prier pour elle. Elle larmoyait et ne s'est pas tournée vers moi.
Je me souviens qu'elle a pleuré toute la journée et qu'elle n'est pas allée à l'école primaire quand son chat est décédé il y a environ 15 ans. Alors ma mère était encore vivante, et elle m'a raconté l'histoire en disant que toute notre famille avait un cœur tendre et de la compassion.
Eh bien, je peux aussi l'être, mais je ne suis pas sentimentale comme ma mère et ma nièce.
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/1308-e3550c86
トラックバック
コメント
どなたかのお葬式かと思ったらお母さまの猫ちゃんだったのですね。
はるばる来て泣いてくれるなんてほんとうに猫好きな方なのだと思いました。
そんなに思ってもらえて、20歳まで生きて、とても幸せなにゃん生でしたね。

ボタンちゃんとさくらちゃん、まだ子猫らしい姿がかわいらしいです(^_^)

Posted by NEccoSun at 2017-08-28 16:54 | 編集
今晩は、いつもそこにあるものがなくなった時の寂しさは失った人でないとわかりません。亡くなったものの思いやる気持ちが大事ですね!
Posted by purotoko at 2017-08-28 19:16 | 編集
NEccoSun さん、
本当に心が優しい姪です。実家の弟夫婦は父の隣の家ですが、姪や甥も父のことを気遣ってくれるんです。
父の家にも猫はいますが弟の所は20匹以上いるんですよ。それでもどの猫も大事にしています。
姪はほんとに涙もろいので今後大丈夫かなと思っています。
Posted by ReikoJanvier at 2017-08-29 06:08 | 編集
purotokoさん、
私も亡くなった犬や猫がまだいるような気分になることがあります。
家の裏に敷地に埋めてあるので毎朝お水や花をあげに行っているんですよ。
亡くなった時はしんじられませんでしたから、きっと姪もそんな気持ちなのだと思います。
Posted by ReikoJanvier at 2017-08-29 06:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する