FC2ブログ

心でしかよく見えない

英語とフランス語、ドイツ語を勉強中。ピアノは子供の頃習っていました。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より。

ゆとりのある暮らし
2018-08-15 05:39


(また父の猫、チーコです。)

The last two days we had summer afternoon showers, but it was still hot and muggy. The difference can be heard from the sounds from the trees as tsukutsukuboshi cicadas take their turns. They always indicate that early autumn is coming.
My father was able to survive this summer again and nowadays he is concerned about how much money he still has left. The other day I accompanied him to the bank, and helped him withdraw money. This week he would like to go to his other bank to confirm that his account still exists and see how much he has deposited there. As he lived longer than he expected, it is natural that his savings have diminished. A friend of mine said a similar thing that her parents used to be rich, but they have been spending a lot of money, and they probably would live at least another 10 years .

Les deux derniers jours, nous avons eu une averse l’après-midi, mais il faisait encore chaud et humide. La différence sont les sons qui viennent du bois, les cigales Meimuna Opalifera ont évidemment pris leur tour. Elles indiquent toujours que le début de l'automne arrive.
Mon père a pu survivre à cet été et de nos jours, il s’inquiète de la quantité d’argent qui lui reste. L'autre jour, je l'ai accompagné à la banque et je l'ai aidé à retirer de l'argent. Cette semaine, il aimerait que les différentes banques confirment que ses comptes existe toujours et lui disent combien il y a déposé. Comme il vit plus longtemps que prévu, il est naturel que son épargne diminue. Un de mes amis a dit la même chose. Ses parents étaient riches, mais ils ont déjà dépensé beaucoup d’argent et ils vivront probablement au moins encore 10 ans de plus.

実家の父が最近自分の預金残高を気にするようになりました。なかなか生活レベルは落とせないので長生きすると予想以上にお金がいるようです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/1697-a2f037e2
トラックバック
コメント
おはようございます

長生きって切ないですよね。
私の両親はまだ現役で仕事をしていますが、投資などは行っていないので長生きをすれば将来的には預金がゼロかも知れません。子供の私としても自分たちの生活がありますし、自分の子どもたちへしてあげたいこともありますので「親の面倒をみる」のにお金まで掛かるとなると大変です。
Posted by 雨スピ at 2018-08-15 09:37 | 編集
Reikoさん、いつもありがとうございます。

今日のお話は、身につまされる問題です。
わたしの母は、脳出血から奇跡的に生還しましたが、
Even after coming home from the hospitalization period, I was asking for a housekeeper for a long time.
In the case of 24 hours, about 20 years ago, payment of 360,000 yen per month occurred.
命の長さも、お金次第だなと思った出来事でした。

Posted by at 2018-08-15 13:40 | 編集
雨スピ さん、
最低限なら国の補助でやっていけるのでしょうが、
より良いサービスを受けるにはお金がいります。
介護タクシーを頼んだり家政婦さんにチップをあげたり、
支出にきりがありません。
父はお金の心配、また私自身も父のことで苦労しているので、
自分の息子の世話にならないようにしようと決心しています。

Posted by ReikoJanvier at 2018-08-15 17:17 | 編集
窓さん、
私の姑も脳出血で3か月入院しました。
主人の妹たちは何とか長生きしてほしいと必死でしたので、
私もその方向で病院へ毎日朝から夕方まで義母のそばで治るのを願って座っていました。
その三か月間は自分のことはなにもできず辛かったのですが、
ろくに会いに来なかった主人の親戚には大きい顔ができました。
個室とベット代は有料でしたがその頃は老人になっていた義母の医療費は無料でした。
今は何パーセントが払わないといけないのですよね。

義母の残したお金は主人が妹たちに全部分けてしまい、
義父母を世話をして最後を看取った私は何ももらいませんでしが、
姑たちから解放されたことで気分は楽になりました。
実家の母の死に目にも間に合うことができましたがさて今の父はどうなることやら・・・。
Posted by ReikoJanvier at 2018-08-15 17:32 | 編集
うちの親は公務員だったので、お金のことはあまり心配はしていなかったのですが、なんか色々と制度が変わって今は大変みたいです。後何年生きるかわからないですが、お金は残さないでいいですからやりきって欲しいです。

私自信は絶対に子供の世話にはなりたくないので、老後の事は充分に考えています。私の場合、早くにリタイヤしたので、老後の事は良く考えて今の生活をしているのですが、 それでもちょっと、不安ではあります。
Posted by yoppapie at 2018-08-15 20:58 | 編集
yoppapie さん、
若い時に気前が良くまた絵画などを買い集めていたので退職金も結構使ってしまった父です。
介護タクシーの運転手に数時間分1万円払いその上また1万のチップをあげてしまうので、
弟も怒っています。私は雑費すら父にもらっていないのですよ、父は当たり前だと思っているようです。

Posted by ReikoJanvier at 2018-08-16 06:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する