FC2ブログ

心でしかよく見えない

現在猫6匹のみ、初めて犬のいない暮らしをしています。ピアノ、英語、フランス語歴は長いですが、数年前からドイツ語勉強し始めました。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より

夏休みの母たち
2019-08-25 05:42


(チャッピー)
A lot of young mothers don’t like school summer holidays, because they have to prepare their children’s lunch as well as keep them busy or occupied. After mothers send their children off to school, some mothers have free time, but when most of the children are home, mothers are busy taking care of them. Contrary to those mothers, I liked the school holiday seasons, because I didn’t need to iron my son's uniform shirts, pants, and handkerchiefs (He still needs his handkerchiefs when he goes out.) and I didn’t need to wash his school shoes. My son said that his schoolmates didn’t wear ironed shirts, and that he only noticed that because his shirts never had wrinkles.
Also, his friends never took their indoor shoes home to have their mothers wash them on weekends. No wonder I was busy when he was attending school.
Beaucoup de jeunes mères n’aiment pas les vacances scolaires d’été, car elles doivent préparer le repas de leurs enfants.
Une fois que les enfants sont partis pour l'école, certaines mères ont du temps libre, mais lorsque la plupart des enfants sont à la maison, les mères sont occupées à les prendre en charge. Contrairement à ces mères, j'aimais les vacances scolaires, car je n'avais pas besoin de repasser les chemises, les pantalons et les mouchoirs de mon fils (il a toujours besoin de ses mouchoirs quand il sort) et je n'avais pas besoin de laver ses chaussures d’école. Mon fils a dit que ses camarades de classe ne portaient pas de chemises repassées. Il a remarqué ça seulement parce que ses propres chemises n’avaient jamais de plis.
En outre, ses amis ne ramenaient jamais leurs chaussures d'intérieur à la maison pour que leurs mères les lavent le week-end. Pas étonnant que j'étais occupée quand il allait à l'école!b

たいていの母親は夏休みは子供たちがいるから忙しいと言いますが、私は息子が学校へ行く日はユニホームのシャツやハンカチなどのアイロンかけ、また週末のバレーシューズ洗ったりしていたので、休み中はそれをする必要がなくて楽だと思いました。息子が自分のカッターシャツはいつもしわがないと言っていたのがうれしかったです。
トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/2099-c46c410d
トラックバック
コメント
確かに、学生時代、いつもシワシワのシャツを着てた男の子は居ましたよ。ねぎらいの言葉があると嬉しいですね。
Posted by felicidad. at 2019-08-25 13:23 | 編集
felicidadさん、
たいてい今はノーアイロンの生地を使うのでアイロンがけは必要ないと思います。私がこだわり過ぎていたのかもしれませんが、幼稚園時代からかけられるものはすべてアイロンをかけていました。息子は中学の時に自分のシャツが特にピンとしているのに気づいたようです。
Posted by ReikoJanvier at 2019-08-25 16:32 | 編集
白状しますがアイロンがけは好きではない家事の一つです。
息子のシャツはノーアイロンでもOKなものでした。
Reikoさんのひと手間のおかげで息子さんは気持ちよく過ごせたと思いますよ。
Posted by NEccoSun at 2019-08-25 20:30 | 編集
NEccoSunさん、
もちろんノーアイロンのシャツでしたがそれでもアイロンかけていたのです。
比べるとやはりかけていないととは違うようです。
そのため息子は一人暮らししている時も自分でアイロンかけを必ずしていたようです。
Posted by ReikoJanvier at 2019-08-26 06:00 | 編集
ReikoJanvier様
おはよう御座います。

関東ではワイシャツ、関西ではカッターシャツです。
中京圏ではどうなのかと思ったら関西圏と同じなの
ですね。

愛新覚羅
Posted by aishinkakura at 2019-08-26 06:52 | 編集
愛新覚羅aishinkakuraさん、
ワイシャツとも母が言っていたように思います。私に主人がカッターシャツと言うので私もそういうようになりましが、関東と関西の違いとかは考えてもみませんでした。
この地域は「あほ」「バカ」なども両方同じ意味合い使います。
Posted by ReikoJanvier at 2019-08-26 16:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する