FC2ブログ

心でしかよく見えない

現在猫6匹のみ、初めて犬のいない暮らしをしています。ピアノ、英語、フランス語歴は長いですが、数年前からドイツ語勉強し始めました。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より

ピアノ調律師さん
2019-09-03 05:48


(最近友人からもらったポストカード)
Yesterday morning, my son’s piano tuner came by. She took over the job from the former tuner after my son returned from Tokyo. At that time, his piano teacher, who had studied at the top music school in Japan, introduced her favorite piano tuner to my son. So my son must feel obligated to continue asking for that person each time. Even though my piano teacher is good, my son doesn’t want to have him tune his piano. As I talked to her, I found her to be honest and diligent. She had come here last week, but she was not satisfied with her work, so yesterday she checked the piano again, and finally accepted the fee. On top of that, she would like to come back again in a few months to make sure the piano is fine. I was impressed by her enthusiasm for her work.

Hier matin, l’accordeur de piano de mon fils est arrivée. Elle a repris le travail de l'ancien accordeur après le retour de mon fils de Tokyo.
A cette époque, son professeur de piano, qui a étudié dans la meilleure école de musique du Japon, lui a présenté son accordeur de piano préféré. Mon fils doit se sentir obligé de continuer à demander les services de cette personne.
Même si mon professeur de piano est bon, il ne veut pas qu’il accorde son piano.
En parlant avec elle, j’ai trouvé qu'elle était honnête et assidue. Elle est venue chez nous la semaine dernière, mais elle n'était pas satisfaite de son travail. Hier, elle a vérifié le piano à nouveau et a finalement accepté le paiement. Elle voudrait revenir pour s'assurer que le piano sonne bien dans quelques mois. J'ai été impressionnée par son enthousiasme pour son travail.

息子の以前の東京芸大出身のピアノの先生が紹介してくれたピアノの調律師さんが、息子が東京を去る時にこちらの地域に住んでみえるピアノ調律師を紹介してくれました。初めて女性の方ですがとても熱心で感心しました。
トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/2109-a0dc4b08
トラックバック
コメント
Reikoさん こんばんは

息子さんのピアノを調律なさる方が,信用のおける熱心な方に決まって良かったですね。
リヒテルなどは,自分の好みを飲み込んだ調律師さんをコンサートにも連れて行ったそうです。
調律は,ピアニストにとって,とても大切なことだと思います。

Posted by モモ at 2019-09-03 21:28 | 編集
モモさん、
私の子供の頃から来てもらっていた調律師さんが引退され、
私のグランドとアップライトは新しい方に調律してもらっています。
息子はその若い男の人がとても良い方なのに調律をまかせるのをどうしても嫌がり、
東京から持って帰ったスタンウェイを調律するためその頃の調律師さんに紹介してもらい、
息子の家には新しく女の方がみえるようになりました。
たまたま私が応対したのですが熱心な方でうれしかったです。

Posted by ReikoJanvier at 2019-09-04 05:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する