FC2ブログ

心でしかよく見えない

現在猫6匹のみ、初めて犬のいない暮らしをしています。ピアノ、英語、フランス語歴は長いですが、数年前からドイツ語勉強し始めました。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より

故郷
2019-10-06 05:42


(食い込んでいた爪)
One of my language teachers said the other day that it’s hard to guess what his wife is thinking as sometimes he doesn’t understand his wife’s moody character. In the future, if she doesn’t show affection to him, and his child becomes independent, there would be no lingering attachment to Japan, and he would like to go back home country. Another teacher I know has been leading a happy life with his family, but he also said that he would like to return to his country permanently someday, so he has been saving money for that day. It is a shame if their circumstances in Japan haven’t treated them nicely.

L’un de mes professeurs de langue m’a dit l’autre jour qu’il était difficile pour lui de deviner ce que pensait sa femme. Parfois, il ne comprend pas son caractère morose. A l’avenir, si elle ne lui montre toujours pas son affection, et si son enfant sera devenu indépendant, il n’y aura plus d’attachement pour lui au Japon, et il sera temps de rentrer chez lui. Un autre enseignant mène une vie heureuse avec sa famille, mais même lui a déclaré qu’il retournerait dans son pays un jour pour toujours. Il économise donc en prévision de ce moment. C’est dommage que les circonstances ne leur aient pas été favorables au Japon.

外国に住んでいてもやがては自分の国に帰っていきたいものだと思います。
トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/2143-b8ffce70
トラックバック
コメント
拝読しました
Posted by 古川烈 at 2019-10-06 05:42 | 編集
古川烈さん、
ありがとうございます。
Posted by ReikoJanvier at 2019-10-06 16:31 | 編集
こんな爪が食い込んでいたなんて痛かったでしょう!
痛みは治まりましたか?
人はよほど嫌な思い出でもない限り最後は故郷に帰りたいのではないでしょうか。
まして海外にいるのならなおさら。
たいして遠くにいるわけでもない私でさえまた横浜で暮らせたらと思います。
Posted by NEccoSun at 2019-10-06 17:21 | 編集
深く食い込んでいたようですね
どれほど 痛かったことでしょう
よく我慢しましたね・・・
痛みもしばらくあるかもしれません
無理しては完治も長引きますので
可能な限り静かにして過ごしましょう

故郷を想う時・・・
心細く不安がある時
ふと 脳裏に浮かぶ故郷ですね
故郷って良いものですね

Posted by トマトの夢3 at 2019-10-06 19:35 | 編集
NEccoSunさん、
自分の肉親がいるところ、または葬られている土地は特別です。
散骨してほしいという人も増えていますが、まだまだ先祖の住んでいたところ。
または嫁ぎ先のお墓に将来は入ると思っている人は多いです。
外国で一生を閉じるにはすごい決心がいると思います。

足の爪では心配かけましたね、
先生が良いと治るのも早くもう次の日に靴が履けましたよ。
Posted by ReikoJanvier at 2019-10-06 21:24 | 編集
トマトの夢3さん、
見ただけでは中で爪が伸びているのがわからなかったのですが、
だんだん海が出てきて一歩歩くたびに脂汗が出ました。
今は普通通りの生活に戻り動き回っています、
いろいろお見舞いありがとうございました。

誰か心を通わせる人がいれば年老いいた時にどこにいてもいいのかもしれません、
でもそんな人がないとやはり戻るところは肉親がいた土地だと思います。
Posted by ReikoJanvier at 2019-10-06 21:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する