FC2ブログ

心でしかよく見えない

現在猫6匹のみ、初めて犬のいない暮らしをしています。ピアノ、英語、フランス語歴は長いですが、数年前からドイツ語勉強し始めました。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より

家の猫になって3年
2020-06-21 05:32


(三年前の写真、”さくら”と”ぼたん”)
”さくら””と”ぼたん”、知り合いに頼まれて引き取った時にはとても小さくてまだびくびくしていましたが、”さくら”は私の主人に犬のようについてまわるようになり、黒猫の”ぼたん”は目が緑で丸顔、今の方がずっとかわいい顔しています。

A friend of my husband asked us to take in a few cats three years ago ,as she had 8 cats and they bred many kittens. When she dropped by yesterday, our two cats ran up to her to be petted, as if they remembered their former owner.
We decided to keep two kittens then , but they were so small and they tried hiding in various places in those days, so I had to keep them in a cage until they got used to my house. They became a part of our family quickly, and nowadays my husband calls them “my daughters.” They say that cats life expectancy is about 20 years, and sometimes pets outlive their owners. I’ve heard many sad stories about what happens to pets after their owners pass away, so we have to be responsible for them another 17 years .

La femme qui est la propriétaire de la mère de nos chattes est venue hier. Elle a demandé à mon mari de recueillir deux petites chattes nés dans sa maison il y a environ trois ans. Les deux chatons se sont précipités vers elle pour se faire caresser, comme s’ils se souvenaient d'elle, qui avait été leur propriétaire.
Les deux chatons étaient trop petits à l'époque, je devais les garder dans une cage jusqu'à ce qu’ils s’habituent à notre maison. De nos jours, mon mari les appelle «mes filles», il doit donc rester en bonne santé encore 17 ans car il est responsable de ses chattes et doit prendre soin d’elles. On dit que l'espérance de vie des chats est d'environ 20 ans, parfois les animaux survivent à leurs propriétaires, j'ai entendu de nombreuses histoires pathétiques à ce sujet.
トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/2413-256cfc7e
トラックバック
コメント
もう3年も経つのですか。
今ではすっかりReikoさん宅の娘さんですね。
少し前までは猫もせいぜい15歳くらいまでしか生きないだろうと思っていましたが
サスケも15歳を過ぎてとても元気、ブロ友さんのところでも20歳近い猫をたくさん見かけます。
人生100年時代と言いますが猫生も20年時代が来たようです。
Posted by NEccoSun at 2020-06-21 21:21 | 編集
NEccoSunさん、
飼い主も長生きしないといけないし、またある程度の年齢がきたら若い猫犬を引き取るのをやめないといけないから辛いです。
実家の父が自分の犬が老衰で亡くなった時ホッとしたと言っていましたが、盲目になった老犬を散歩に連れていくために、人を雇っていたし、自分自身のことすらまともにできなかったから気持ちわかりました。
Posted by ReikoJanvier at 2020-06-21 21:47 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2020-06-22 05:04 | 編集
一緒にいると顔変わりますよね。
きっとReikoさん宅で愛されてるから可愛くなったんですね。
Posted by ふゆこ at 2020-06-22 12:27 | 編集
鍵コメさんへ、
私も最後の犬が亡くなった時悲しくて悲しくて、それを乗り越えるために新しい子犬が欲しかったのですが、自分の年を考えてやめました。ちゃんと散歩に連れて行ってあげられなくなったら、また私が先に逝ったらかわいそうですからね。
Posted by ReikoJanvier at 2020-06-22 16:35 | 編集
ふゆこさん、
ありがとうございます、そう言ってもらえてうれしいです。可愛くて仕方がないのでどこにも旅行など行けません。
Posted by ReikoJanvier at 2020-06-22 16:36 | 編集
黒猫ちゃんを飼っていらっしゃるのですね^^。
目玉が真ん丸でとてもかわいいですね^^。今日は気温が低く猫ちゃんもさむがっていることでしょうねー。!
Posted by 荒野鷹虎 at 2020-06-22 19:16 | 編集
荒野鷹虎さん、
ぼたん、という名前です。とてもおとなしい性格のかわいい猫です。
Posted by ReikoJanvier at 2020-06-23 05:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する