FC2ブログ

心でしかよく見えない

現在猫6匹のみ、初めて犬のいない暮らしをしています。ピアノ、英語、フランス語歴は長いですが、数年前からドイツ語勉強し始めました。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より

母の命日
2013-05-17 16:43

I wanted to make an offering in front of my mother's grave yesterday. Her memorial day is tomorrow, but I didn't want to miss the opportunity. My father said that he wouldn't go to my mother's grave with me, he looked fine but didn't want to walk up the steep hillside. I remember that he walked briskly with us last year, but he has aged a lot in one year. I didn't linger in his house this time, though we don't have many opportunities to get together. (2013.7.17)
実家の母のお墓参りに行ってきました。母の位牌を作ってもらって、毎日お供えをしてお参りしているのですが、実家の弟の所にある仏壇と、その隣にある父の家の仏壇と、お墓の前へ行ったのは一年ぶりでした。私を待っていた父が、先日レストランで食事をした時のような元気はなく、疲れた顔をしていたので、昨日は長居をせずに帰ってきました。

トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/539-b1406376
トラックバック
コメント
ReikoJanvierさんへ

今年は梅雨の季節が短くて猛暑日が連日続いていては、お父様も元気が出ないですよねー

きっと涼しくなれば、またReikoJanvierさんと楽しくお食事が出来ると思います。

暑い時は睡眠を良く取られた方が熱中症予防にもなるとのことですよ。
Posted by ぴんくモッチー at 2013-07-18 00:05 | 編集
ぴんくモッチーさんへ、
実家の父は昭和2年生まれですが、
旧友は皆亡くなってしまったし、奥さん(私の母も)もとっくにいないし、
自分でもこんなに長く生きれるとは思っていなかったとよく言っています。
まだ歩いて自分の事が出来るだけ幸せです。
でも私の息子が大学に入るまで頑張りたいと言っています。
いつもありがとうございます。

Posted by ReikoJanvier at 2013-07-18 16:24 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2013-07-18 17:35 | 編集
鍵コメさん、いつもありがとうございます。
お互い身体に気をつけて、夏を乗り切りましょうね!
Posted by ReikoJanvier at 2013-07-18 21:29 | 編集
昨日はお母様の命日だったんですね。
年数がたてばたつほど、いろいろな記憶がよみがえりますね。
私の父は、今年、3回忌だったんですが、あっというまの丸2年です。
そちらは、暑さが厳しくて、高齢者のかたには、大変な夏ですね。
お父様、だいじになさってくださいね。
立派なお孫さんもいて、まだまだ楽しみがたくさんあります。
いつまでも、お元気で長生きしていただきたいですね。
Posted by たまこのおねーさん at 2013-07-19 12:21 | 編集
たまこのおねーさんへ、
たまこのおねーさんはお父様の方が先だったんですね。本当に時間が経つのは早くて、私の家も7回忌を一昨年に済まし、去年は本当の7年目なので命日にお参りしました。母が亡くなってから父がしっかりしていてくれたので助かりました。趣味の多い人なので時間がいつも足りないと言っています。

ただ、父は今も元気ですが階段から落ち手術をしてから足腰が弱り、母と飼っていたシバ犬の散歩が出来なくなっていました。母が入院中は孫(私の甥)が散歩に連れて行き、その後は父の面倒を看てくれている御夫婦が交替で世話をしていました。その犬が老衰で目も見えなくなり、自分より長生きしたら可哀そうだと言っていましたが、一昨年静かに死んでいったので、悲しいけれどやれやれと言っていました。たまこのおねーさんもお母様もお元気でお過ごしくださいね。
Posted by ReikoJanvier at 2013-07-19 20:33 | 編集
こんばんは。

昭和2年生まれですか!
僕の亡き父と一緒ですね!
ウサギ年ですよね!

さすがにこの歳になると
一年ごとに衰えが目立ってきますよね。

でもいつまでも元気でいてくださることを
願っています。
Posted by 孝ちゃんのパパ at 2013-07-20 01:08 | 編集
孝ちゃんのパパさん、
亡くなられたお父様と私の父と同じ年とは偶然ですね、ひょっとしたらお母さまは昭和4年生まれだったりして…。お母さまは今他の所で面倒看てもらってみえるんでしたよね、元気でいてくださるといいですね。私の父も今なんとか歩いて自分でお風呂も入れるし、たまにはお手伝いさんがみえる前に自分で洗濯もしているようですが先のことはわかりません。
私は主人の両親を最後まで看て手をにぎって二人とも送りました。実家の母も死に際に会うことができました。もちろん父には長生きしてもらいたいのですが、いつかその時が来たらそんな風に別れる事ができればいいなと願っています。

コメントありがとうございました。


Posted by ReikoJanvier at 2013-07-20 09:43 | 編集
こんばんは。

だったらよかったんですけどね。
同じ2年生まれです。

僕は父の死に目にも会えなかったし
母の時もきっとそうなると思います。

見送るのは孝ちゃんだけでもういいです。
心はそんなに強くないから!

Posted by 孝ちゃんのパパ at 2013-07-21 01:50 | 編集
孝ちゃんのパパさんへ、
私は母が亡くなったその瞬間にそばにいられてよかったと思いました。もしその前に会えなかったらきっと後悔していたでしょう。母は私を見た後すぐに目を閉じてしまいましたが、母の頬から一筋の涙が伝わり落ちました。私を待っていてくれていたんです、…もうじき私が到着するから頑張ってくれと、私の弟は母に語り続けていたと、その場に一緒にいた弟の長男(甥)が言ってました。自分の夫、息子、娘、孫に囲まれて亡くなったから、悲しかったけれど救われました。

Posted by ReikoJanvier at 2013-07-21 19:57 | 編集
遅くなってしまって申し訳ありません<m(__)m>
お母様の命日だったんですよね。
すぐ前の Reikoさんのコメントを読み
うるっとなりました。
Reikoさん母娘の絆の強さを感じます。
お母様天国で穏やかに過ごされている事でしょうね。
Posted by purecream at 2013-07-24 18:53 | 編集
purecreamさんへ、少しも遅くないですよ。ありがとうございます。私は22歳で結婚したので、今の主人と一緒にいた年月の方がずっと長いんです。しかも大学時代は東京にいたので、母とは18年しか一緒にいませんでした。でも母は亡くなってからは私をいつも守ってくれていると信じています。
Posted by ReikoJanvier at 2013-07-24 19:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する