FC2ブログ

心でしかよく見えない

以前は何十匹もいた猫、今は家猫3匹外猫3匹になり、初めて犬のいない暮らしをしています。英語、フランス語、ドイツ語、ピアノ、細々と続けています。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より。

再会
2014-04-14 12:33

I have two Australian friends at my house now. They have been traveling for a few weeks and dropped by my house. It was really nice to see them after several years.(2014.4.14)
オーストラリアに住んでいる旧友が久しぶりに訪ねてきてくれました。最後に会った時はお互いの子供たちがまだ小さかったのですがみなすっかり大きくなってうれしかったです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/635-b4f76869
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2014-04-14 16:38 | 編集
同じ町に住んでいても何年も会えない事もあります。海外の友人は定期的に来てくれるので会える回数が多いように思います。近いほどいつでも会えるというい気持が強くなるみたいです。
Posted by ReikoJanvier at 2014-04-14 20:33 | 編集
ReikoJanvier様
こんばんは。

オーストラリアに住んでいるということは日本人のご友人なのですね。
お互いにお子様の年が近いと自分のことより子供の話が多いのでしょうね。
もっと先になると病気と年金の話になりますよ。(笑)

愛新覚羅

Posted by aishinkakura at 2014-04-14 20:44 | 編集
ReikoJanvierさんへ

お客様はオーストラリアからのお友だちだったのですか~
それは、楽しい時間をお過ごしになられたでしょうねー。

住んでいらっしゃったのでしたら、なおさらお話が尽きなかったでしょうねー。

変化のある生活もたまには、良いものですよねー。
色々とお気遣いやが大変でしたが、楽しくもありましたねー。


Posted by ぴんくモッチー at 2014-04-14 23:26 | 編集
aishinkakuraさん、
昔親しく付き合っていたオーストラリア人の家族は数年置きに日本に来ると私の家に泊まります。 Louise は20年前に6か月住んだこの町を去る時に私と別れるのが悲しくて一晩泣き明かしたそうです。今年24歳になったThomas がそのLouise にそっくりだったのでびっくりしました。
またこの夏にはヨーロッパを一カ月旅行するそうなので少しうらやましかったです。
Posted by ReikoJanvier at 2014-04-15 00:37 | 編集
ぴんくモッチーさん、
父親の転勤でアメリカへ6歳の時に行き、その後オーストラリアに現在まで住んでいるので、ちょっと日本人ばなれしているご主人と、チャーミングなオーストラリア人との夫婦です。奥さんと息子さんは日本語はできませんので会話は英語です。私は残念ながらオーストラリアには一度も行ったことがないのですが、私の息子は中学の修学旅行で10日間ホームステイして良い思い出があるようです。
Posted by ReikoJanvier at 2014-04-15 00:38 | 編集
妹がオーストラリアにいるので一度は行ってみたいと思いながらなかなか行けません。今年こそ行けるかな?
Posted by 豆 at 2014-04-20 22:59 | 編集
豆さん、
オーストラリアに妹さんが住んでみえるのは初耳です。女の人は海外に住むと先祖や親戚との付き合いから解放され自由に過ごすことができるので帰りたくなくなる人もいるそうです。
私は特に舅姑と長く一緒に暮らし地元の方々との付き合いが多いのでとてもその気持ちがわかります。どの国にもメリットデメリットあるから住んでみないと分かりませんが…。
豆さん飛行機はもう恐くなったとおっしゃてみえましたからすぐにでも飛んで行けますね。
Posted by ReikoJanvier at 2014-04-20 23:51 | 編集
向こうの永住権取ったようです。シドニーまでは行きやすいのですが、パースにいるのでちと遠いです。次男は中2の頃に2週間現地の語学学校に通いました。長男はイギリスに修学旅行(ホームステイ)にいきました。僕はアジアからでたことありません。

Posted by 豆 at 2014-04-21 01:03 | 編集
豆さん、
日本人男性は外国の食生活などの違いで長く続かない事もありますが、女性はその点順応しやすいから永住の可能性も高いと思います。私はカナダ、北欧数カ国、スイスにはそれぞれ10日ずつの旅をしましたが、まだオーストラリアには行ったことがないのです。お互いにいつか行ける日がくるといいですね。豆さんはご家族が皆さん国際交流してみえるのできっといろいろ情報をくださると思います。
Posted by ReikoJanvier at 2014-04-21 10:02 | 編集
妹の旦那は高校の同級生で日本人です。彼は世界中何処でも「住めば都」なひとです。
Posted by 豆 at 2014-04-21 18:13 | 編集
豆さん、
妹さんのご主人は適応性のある方で幸せです。たいていは気候や食べ物が気に入らなくて、それがストレスになると聞いています。ただ語学ができると、歳を重ねてついについに母国へ帰りたくなるまでは海外にに住むのも苦にならないと思います。妹さんご夫婦は経済力もおありになるのでしょう、そうでないとなかなか永住権は得られません。
Posted by ReikoJanvier at 2014-04-21 21:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する