FC2ブログ

心でしかよく見えない

以前は何十匹もいた猫、今は家猫3匹外猫3匹になり、初めて犬のいない暮らしをしています。英語、フランス語、ドイツ語、ピアノ、細々と続けています。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より。

また怪我
2015-07-19 12:22

My father fell down a steep slope this afternoon, and was taken to the hospital by ambulance. My brother called me because he wants me to take care of him. I told my father not to walk around rough ground, because he would bleed heavily if he got injured since he has been taking anticoagulants for years.
Why did he have this accident on the anniversary of my mother's death?
My father said that his wife (my mother) is calling him to welcome him to the world beyond.
My idea is the opposite. Even though he hurt the left side of his face, he had already lost the use of sight in his left eye, so it doesn't matter. His right eye which has been under medication recently was not damaged, so my mother must have protected him.(2015.7.19)
87歳の実家の父が転んで大怪我をしました。左目の下を数針縫ってもらい応急手当てを受けたけれど、抗凝固剤を服用していたため、まだ出血が続いています。先日母のお墓参りに一緒に行った時、今週一緒に食事できる日を決めて父もうれしそうでした。私と主人の帰るのを門まで出てきて見送ってくれましたが、くれぐれも散歩の時に転ばないようにと言ったのに、その二日後に坂道を転げ落ちるなんて、目の手術も延期しなくてはいけません。病院の付き添いをするため、私は来週予定を空けていたのでよかったのですが、父は目の診察の代わりにMRIや怪我の治療の日になりそうです。
My father's doctor put off the operation for my father since the wounds on his face and arms looked unhealed.(2015.7.21)
I visited my father on July 24th, "Doyo no Ushi (Ox) no hi",which is one of the twelve animals of the oriental zodiac. It is customary to eel on the day, I thought he might want to eat it, so I ordered good Kabayaki from a Sushi restaurant. I was relived as he seemed to have an appetite.(2015.7.24)
実家の父にお寿司屋さんで焼いてもらったできたてのウナギの長焼きを持って行ってあげました。弟も用意していてダブってしまいましたが、父は私の顔が見られうれしそうでした。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/772-41a2ce73
トラックバック
コメント
お父様 大変でしたね。
大事がないと良いのですが。
回復をお祈りしています。
Reikoさんも、看護で無理をなさらぬように!

Posted by 月夜の仔猫 at 2015-07-19 12:36 | 編集
お父様、出血はやく止まりますように... 大変でしたね。
梅雨も明け、暑くなると思うのでReikoさんも体調に気をつけてね。
怪我の回復、これからの目の手術、うまくいきますように。

Posted by ハーモニー at 2015-07-19 13:19 | 編集
月夜の仔猫さん、
コメントありがとうございます。
怪我だけは避けてねと会うたびに言っているのにまた怪我をしてしまいました。
先回の大怪我は腰の骨を折り手術で金具が入っているんですよ。
普通なら車椅子になるのに、父は高齢にもかかわらず回復して毎日の散歩も杖なしでした。
歩かないと弱ると思っているんでしょうね。
お見舞いの言葉ありがとうございました。
Posted by ReikoJanvier at 2015-07-19 14:33 | 編集
ハーモニーさん、
ご心配してくださってありがとうございます。
父は脚が丈夫なのが時々禍になり、こんなことは初めてではないんです。
毎日のようにあちこち一人で出かけてしまい、今回も油断した途端に坂道で転んだようです。
通りかかった郵便配達の方が血みどろになっていた父を見て救急車を呼んでくれました。
出血は多かったけれど怪我は3針縫うほどで、また入院させてくれなかったのでそんなに重症ではないのでしょう。
祭日明けに病院へれて行くつもりです。

Posted by ReikoJanvier at 2015-07-19 14:35 | 編集
お父様に大事がなくてよかったです。
私もつい先日駅の階段から落ちました。かなり低い位置まで降りきっていたので大丈夫でしたがこの時期はどうもぼーっとしてしまいますね。
Reikoさんも熱中症などにお気を付けください。
でわでわ
Posted by ゆぎゅ at 2015-07-19 19:54 | 編集
ゆぎゅさん、
コメントありがとうございます。
ゆぎゅさんも転げ落ちたのですか、
低い所からでも骨折したりすることもあるので油断はできませんよ。
ゆぎゅさんはお若いから回復が早いかもしれませんが。

私自身は高い所から転げ落ちてぶった所が半年以上痛くまた顔のあざが消えませんでした。
ゆぎゅさんも身体に気をつけて大学生活と夏休み有意義にお過ごしくださいね。

Posted by ReikoJanvier at 2015-07-19 20:34 | 編集
大変でしたね!
お父様が楽しみにしていたお食事も延期でしょうか。
怪我したのが左目だったのでお母様が守ってくださったという前向きなお考えはさすがReikoさん!
付き添いでお忙しくなると思います。どうぞお疲れになりませんように。
Posted by NEccoSun at 2015-07-19 21:24 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2015-07-19 23:17 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2015-07-20 09:54 | 編集
NEccoSunさん、
いつも詳細を読んでのコメントありがとうございます。
たぶん数日延期するだけで食事には行けると思います。
ただ父顔の色が変色しているので、周りの人が気持ち悪がるかもしれません。
母の命日に大怪我するとはほんとうに偶然なのかと気にするときりがありません。
私は毎日母の位牌が作ってあるので、お水やご飯、おまんじゅうをお供えして、お経も読んでいるので、母はいつも守ってくれていると信じているんです。
父もお参りは欠かさないようですが、この日ばかりは私の弟に「お母さんが迎えに来たよ。」と言ったそうです。

Posted by ReikoJanvier at 2015-07-20 09:56 | 編集
初コメさせていただきます。

お父様、大丈夫でしょうか?
出血はとても心配ですね。

早く良くなる事を願っています。
Posted by tomo at 2015-07-20 10:28 | 編集
tomoさん、
初コメありがとうございます。
実家の父は足腰がしっかりしていているのですぐに出歩くので時々心配になります。
以前転んで腰の骨の手術をした後もまた歩けるようになり、時々杖も使わないので今回のような事故になりました。

耳元で携帯電話を握りしめ倒れてた所は血の海になっていて、携帯電話はその血液のために壊れて作動しなかったそうです。
内臓の病気は歳取ればしかたがないけれど怪我だけは避けてほしかったです。
骨折はしてなかったようですのでMRIの結果が良ければ後は時間が治してくれると思います。
ご心配ありがとうございます。

Posted by ReikoJanvier at 2015-07-20 11:12 | 編集
実家の父のことでみな様に思いやりのあるコメントをいただきありがとうございました。
骨折してなかったので入院はしなくてもよかったです。
顔の色がうっ血で紫色になっているのがあわれですが、…。
明日、黄班変性症で通っている病院へも行って、目の治療(眼球注射)が継続できるか聞いてみるつもりです。
Posted by ReikoJanvier at 2015-07-20 11:18 | 編集
ReikoJanvierさんへ

一報を聞かされた時、たいへん驚かれたことでしょうねー
ご心痛をお察しいたします。

お父様が一番楽しみにされていたお食事会が延期で
きっと、二重の悲しいお気持ちが痛々しいですねー

こんな時はReikoさんの笑顔がお医者様より、お薬より
何十倍の癒されると思います。

様々なご心痛があるかと思いますが、今はお父様に
寄り添っていてあげて下さいねー。

お父様のご快復と手術のご成功をお祈りいたします。
このような大変な時にご訪問ありがとうございました。
Posted by ぴんくモッチー at 2015-07-20 12:11 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2015-07-20 20:26 | 編集
ぴんくモッティーさん、
いつも心配してくださってありがとうございます。
いつかは自分も同じ目に遭うかもしれないと思って主人の両親を看取ったし、実家のの父もいつまで元気でいてくれるかわからないので、できる限りの世話をしたいと思っています。
こんな記事を出して皆様にご心配かけてしまい申し訳ないです。トップには載せなかったのは、気遣ってコメントを送ってくださると悪いと思ったのです。それでもぴんくモッティーさんを含めたくさんの方がスクロールして見た後言葉をかけてくださいました。
Posted by ReikoJanvier at 2015-07-20 21:00 | 編集
お父さまのお怪我
早く良くなるといいですね。

いろいろご心配だと思いますが
両親をすでに見送った私には
こうして看てあげられることが
羨ましくもあります。

親って居てくれるだけで有り難いですよね。


*こちらもリンク貼らせていただきますね。
Posted by まりんママ at 2015-07-21 12:46 | 編集
まりんママさん、
父の事気遣ってくださってありがとうございます。

今朝は父の顔、赤紫色になっていて傷跡がファスナーの用にあり、また両手も皮下出血していて見るのも哀れな状態でした。
たぶん治るのに長い時間がかかるか、又は皮膚の状態はそのままかもしれません。

予定されていた手術(眼球注射3回目)は取りあえず中止になりました。
その名古屋市内の病院へは私の家から一時間以上かかるのですが、(実家の弟が初めて病院へ父を送ってくれました、さすがにかわいそうに思えたのでしょう。)
今後も何度も私が付き添うことになるでしょう。
今日は朝7時20分に出て、2時過ぎに帰ってきたので短時間で終わった方です。
それでも、まりんママさんの言われるように、いつまでも一緒にいられるわけではないので、そんな時間を大事にしたいと思っています。

相互リンクありがとうございました。
Posted by ReikoJanvier at 2015-07-21 15:10 | 編集
先日は私の誕生日にお祝いコメントありがとうございました。
お父様、大怪我をされたのですね。
目でなくて良かったですが、数針も縫うお怪我では、ご本人もかなりショックでしょう。
年齢に関係なく災難はやって来るので本当に気をつけなくてはいけませんよね。
どうかお大事になさって下さい。
Posted by ティアラ家ママ at 2015-07-21 16:04 | 編集
お父様、大変なお怪我をされて
どうぞお大事になさってください。
お母さまが右目を守ってくださったん
ですね。左目がご不自由とのこと
それだけでもご苦労が多いと思います。
右目の手術が無事終わりますように
祈っております。
Posted by するる at 2015-07-22 04:57 | 編集
ティアラ家ママさん、
お見舞いありがとうございます。
父は昨日病院へ付き添った時は元気でしたが、帰ったらまた出血が止まらず、
これではなかなか目の治療に戻れないかなと思っています。

だからこど出来る限り父に会って元気付けてあげたいと思っています。
ありがとうございました。


Posted by ReikoJanvier at 2015-07-22 08:12 | 編集
するるさん、
コメントありがとうございます。
父の先生はたぶん半分あきらめているのですが、お願いして気休めに治療をしてもらっているんです。
父もわかっていて病院に行っていれば、せめてうっすらとでも見えるかなと思っているようです。
今はまだなんとか字も読めるのですが毎日進行しているのでいつかは見えなくなる病気です。
手術や薬も効く人効かない人とあるようです。

Posted by ReikoJanvier at 2015-07-22 08:13 | 編集
ReikoJanvierさんへ

こんばんわ~
その後お父様はご回復に向かわれているかと思いますが~
そして、手術の方もご心配ですねー

ReikoJanvierさんは、ご心痛でしょうね~
どうか、真夏の暑さが続いているので
ご自身もご自愛くださいませ。
Posted by ぴんくモッチー at 2015-07-23 00:08 | 編集
ぴんくモッティーさん、
ご心配ありがとうございます。
父は怪我のため目に治療は延期になりました。
時々急に出血し出し高熱になります。
しばらく心配が続きそうですが本人の声がしっかりしているし歩けるので、
まだしばらくは大丈夫、きっと傷も治ると思っています。
Posted by ReikoJanvier at 2015-07-23 21:19 | 編集
お父様、大変な思いをされましたね。
私の父は、目の血管の梗塞で方目が失明しましたが、生活してく上では、あまり影響はありませんでした。傷口から感染症にならなければいいですね。
薬は一方には良くても、その反面のこともあり、私たちにはどうすることもできませんよね。
Reikoさん、おつかれになって、たおれませんように。
でも、できる限りの介護をしてさしあげてくださいね。
一日もはやいご回復お祈りしております。

Posted by たまこのおねーさん at 2015-07-24 13:54 | 編集
たまこのおねーさん、
お父様の目のこと初めて知りました。実は私の父もたまこのおねーさんのお父様と同じで片目が見えないので、今治療中の右目はなんとか視力保って欲しいと願っています。この調子だとうまくいかないかもと心配してします。
今日、お寿司屋さんの焼きたての鰻を持って行ってあげました。まだ食欲があるので少しホッとしました。コメントありがとうございました。

Posted by ReikoJanvier at 2015-07-24 21:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する