FC2ブログ

心でしかよく見えない

以前は何十匹もいた猫、今は家猫3匹外猫3匹になり、初めて犬のいない暮らしをしています。英語、フランス語、ドイツ語、ピアノ、細々と続けています。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より。

87歳の父
2014-08-27 15:31

Yesterday when I was waiting for my father in the waiting room at the hospitaI, a man who looked to be in his mid 60s, spoke to me and asked me if I was from the same town where he lives now. When the staff of the department of ophthalmology called my father's name the man realized that the old man who was siting next to him was his former school teacher from over 50 years ago.
Unfortunately, my father's appearance has changed a lot because of age, the man didn't notice him when we sat down close to him, but he said that my father looked the same.
He started talking about his late wife and her parents who used to also be school teachers. To my surprise, my father mentioned those three people's full names before the man had them on his lips. He seemed to be impressed by my father's excellent memory. The man also remembered my father's name which may not be common, but it was amazing.
The man had to have an operation immediately since his doctor found the worst possible case of detached retina. My father and I said good luck to him.

Hier, un homme qui paraissait sexagénaire m'a adressé la parole. Il m'a demandé si mon père était du village où il habite lui-même. Quand le personnel a appelé mon père, il a réalisé que le vieil homme (mon père) était son professeur il y a 50 ans. Malheureusement mon père a beaucoup changé à cause de son âge, mais son nom est très spécial donc il n'a pas pu l'oublier. Il a commencé à parler de sa famille, et mon père a pu se souvenir de tous les noms de famille et prénoms, (donc il n'a pas besoin de dire.)
Il appartient aussi à une famille de professeurs et mon père les connaissait. Quand même, j'ai été surprise qu'ils aient une si bonne mémoire.
L'homme devait subir une opération tout de suite car il a un grand problème aux yeux, son docteur a diagnostiqué un décollement de la rétine.
Je lui ai dit bonne chance.(2015,8.26)
実家の父の付き添いで病院の待合室にいたら、60歳ちょっとくらいの男の人に話しかけられました。私の父がその人の中学生の時の先生にちがいない、こんな遠い名古屋市内の病院で50年ぶりに会えただなんてと感慨深そうでした。父の方はその人の奥さんと、またそのご両親が先生だったことを聞くと、すぐにそ三人のフルネームを思い出し、また勤務先が何処だったかを覚えていたので、その人はびっくりされました。それにしても87歳の父の頭がはっきりしているのにはいつも驚かされます。
I left home as soon as my father called me and said he felt really bad yesterday morning.
Since the last time I accompanied him to the hospital, he hasn't been feeling well, but it was the first time that he said he wanted to see me immediately.
I was not able to finish my morning routine, but I drove as fast as I could to his house. He finally calmed down around noon, and let me go. I am afraid that there will be many days like today for a while.

Je suis allée chez mon père ce matin car il m'avait téléphoné pour me dire qu'il était malade. Je n'ai pas pu finir mes petits travaux domestiques avant de sortir. Mon père était au lit, mais il a beaucoup parlé, et cependant sa voix était fluette. C'est la première fois que mon père m'a demandé de venir le voir tout de suite.
Après trois heures, il s'est calmé et il m'a laissé retourner chez moi.
J'ai peur qu'il y ait des jours comme ça à partir de maintenant.
( 2015.9.7)

トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/788-c7107002
トラックバック
コメント
ReikoJanvierさんへ

お父様がお元気で、そんなに前の事を鮮明なご記憶で
すぐに、その頃に戻られることは、とっても嬉しい事ですよねー

母は98歳で、もう昔の記憶ははっきり覚えていて
繰り返し聞かせてくれるのですが、5分前のことが記憶から
飛んでしまうようです(笑)

ReikoJanvierにとってのお父様はまだまだ現役ですねー。
出来るだけ寄り添っていてあげてくださいねー
Posted by ぴんくモッチー at 2015-08-29 00:18 | 編集

歳を取ると昔の事しか覚えていないと皆さんが言われますが、父は私より記憶力が良くて、約束した時間とかちゃんと覚えているので、私の方が病院で会う時間を確認しているくらいです。
また毎日の予定をしっかり立てていて一日も無駄にしていない所をすごいなと思っています。
ぴんくモッチーさんのお母様も最近のことはお忘れになってしまうかもしれませんが、それでも他の同年齢の方より頭と足がしっかりしてみえるので嬉しいですね。
Posted by ReikoJanvier at 2015-08-29 08:18 | 編集
毎日のようにご訪問下さりありがとうございます。
恐縮もしております・・・m(__)m

ReikoJanvier様とは、生活環境も趣味も全く違う世界で、くろすけは生きておりますが、最近は歳になったのか、様々な事に感謝の気持ちが湧いてきます。
家族や健康・趣味・生きてる事・etc・・・

お父様が87歳で、頭脳明晰維持しお元気・・・ということ、素晴らしいですね。
心も身体も元気が一番・・・感謝!ですね・・・(*^-^*)

ありがとうございました。
Posted by まっ黒くろすけ at 2015-08-29 19:59 | 編集
まっ黒くろすけさん、
こちらこそありがとうございます。
皆さまのブログと違って特に見てもらえるものないので、
せめて皆様のブログを訪問してできるだけ拍手をしたいと思っています。

実家の父もなにか目標があると元気が出て毎日頑張ろうと思うようです。
今の所病院で私と話ができるのが楽しみなようですので、
一日つぶれるのを覚悟で付き合っています。

これからもよろしくお願いします。
Posted by ReikoJanvier at 2015-08-30 08:30 | 編集
Reikoさんのお父様、何て素敵なんでしょう。
何年もたっているのに生徒さんのことを覚えているなんて感激です。
生徒さん、とてもビックリしたと同時にうれしかったと思います。

季節の変わり目、涼しくなったのでReikoさんもお父様も身体に気をつけてね。
いつもありがとう(*^^*)
Posted by ハーモニー at 2015-08-30 21:41 | 編集
ハーモニーさん、
年寄りは昔の事を皆よく覚えているのでしょう。でも私など中学校の先生の名前は名字は覚えているけれど下の名前は知りません。待合室で会ったその方は父の名をフルネームで覚えていたのでびっくりしました。また父もその人やその人の奥さま、奥様のの実家のご両親の名をみなフルネームで言ったので、その方も感激してみえました。世間は狭いですね、遠くの病院でばったり会ったりするのですから。


Posted by ReikoJanvier at 2015-08-31 08:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する