FC2ブログ

心でしかよく見えない

以前は何十匹もいた猫、今は家猫3匹外猫3匹になり、初めて犬のいない暮らしをしています。英語、フランス語、ドイツ語、ピアノ、細々と続けています。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より。

昔の指輪(甥の嫁へプレゼント)
2015-10-01 08:31


Yesterday morning I had an unannounced visitor. He said that I hadn't changed since he saw me last. It was nice of him to say that. So I said to him that he looked much younger than my father even though they are the same age.
I had to leave after an hour since my father was waiting for me at a clinic in Nagoya, so I couldn't talk to him long. He looked fine, but he shuffled like my father. I hurried to the station to get an earlier train.

Hier, un homme a demandé à me voir sans préavis. J'ai seulement parlé avec lui pendant 5 minutes, mais il a semblé content, m'a dit merci et que je n'avais pas changé. Il n'était pas venu depuis longtemps, il est devenu âgé comme mon père qui a le même âge que lui.

突然訪ねてきた来客は私の実家の父と同じ87歳、今度の11月で88歳、それでも元気でした。
(2015.10.1)

The other day, my nephew and his wife came to my place to bring us an invitation for their wedding ceremony and reception. They are already married and at the end of this year, they are going to have a big party with their friends and relatives including my son. My husband and I bought a present for them and gave them a monetary gift already. Today, I gave my nephew's wife my old ring with small diamonds which I used to wear when I was in my twenties.

Mon neveu et sa femme sont venus pour apporter une lettre d'invitation pout leur cérémonie de mariage et leur repas de noces. Ils sont déjà mariés civilement, maintenant nous attendons le jour de la fête.
Je leur ai donné un cadeau et de l'argent comme d'habitude au Japon.
Aujourd'hui, j'ai donné une bague de diamants à la femme de mon neveu, que je mettais quand j'abais une vingtaine d'années.

弟の長男が結婚式の招待状を持ってきたのでお祝金と食器セットの他にお嫁さんに私の若い時のファッションリングをあげました。ダイヤがついているので当時でも安い車が一台買えるくらいの値がしましたが今の私にはちょっと派手なので思い切ってあげたらとても喜んでくれました。
(2015.10.1)
トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/798-dd5e7814
トラックバック
コメント
ReikoJanvierさんへ

とっても高価なリングだということがケースから伺えますねー
ReikoJanvierさんにとって、甥御様がとても大切な存在でしたのねー

きっと、リングと同様に大事に愉しんでいただけることでしょうねー
Posted by ぴんくモッチー at 2015-10-01 21:33 | 編集
ぴんくモッチーさん、
ファッションリングの割には高価ですが宝石というほどではないです。
私の手はすっかり主婦の節くれだった手になってしまったので、
もうこういうタイプのリングははめないので、
主人の姪二人にも数年前に二つずつあげました。
また私の姪(弟の娘二人)にもあげるつもりです。
甥のお嫁さんがとても喜ぶ顔が見られて私も幸せになりましたよ。

子供のできない時期が長かったのでいろいろ指輪を飼うのが道楽でしたが、
ここ20年近くは宝石を買うことも全くなくなり、盲導犬、介助犬、大阪ARK、被災地、また国境を越えた医師団、アフリカのフォスターチャイルド(そのことについてはいつが記事にするつもりです)など、定期的に寄付しています。、
Posted by ReikoJanvier at 2015-10-01 23:15 | 編集
ReikoJanvier様
こんばんは。

それは喜びますよ。
義叔母様からですから期待もなにもしていなかったでしょう。
それが高価なプレゼントですから喜びを通り越してさぞビックリ
したのではないかと思います。
今頃お返しをどうしようと悩んでいるのではないかと思います。

愛新覚羅

Posted by aishinkakura at 2015-10-02 19:26 | 編集
愛新覚羅aishinkakuraさん、
人の物はいらないという若い人もいますから貰ってくれたので私の方が嬉しかったです。
それに私は最近歳のせいか物質欲がなくなってきました。
おしゃれをする気も出なくて毎日同じ服を着て出かけたりしているので服もいらないし、
靴も運転するため後ろが禿げたものを履いていますが気にしません。
身体のあちこちが痛い事もあって仕事が終ると余分な事(自分の為の買い物など)がしたくなくなりました。
まだ持っている指輪も管理できないので、無くす前に他の姪たち(弟の娘たち)にあげようと思っています。
aishinkakuraさんはギターの演奏ブログの更新と毎日お忙しくお過ごしになっていてすごいバイタリティーですね。

Posted by ReikoJanvier at 2015-10-02 22:43 | 編集
こんばんは、
まー!素敵な指輪!え〜プレゼントするの!!!
流石ですね!Reikoさんの優しさね。
きっと、大切になさるでしょう。

お父様もお元気そうでよかったですね。
家の義母さまは、99歳になりましたよ!
白寿の祝いしました。有り難いことです。
Posted by ま-くんの ママ at 2015-10-02 22:47 | 編集
ま-くんの ママさん、
お義母さま99歳、素晴らしいですね。 白寿のお祝いされたとのことおめでとうございます。

ずっと主人の両親と暮らしていたのでストレスもあってそれを晴らすために宝石も買ったりしました。
今は年のせいもあって美容やファッションにもあまり気を使わないし、
特に若い子向けのファッションリングは必要ないんです。

ま-くんの ママさんはとても洗練された都会的なイメージです、きっと指輪もお似合いだと思います。

Posted by ReikoJanvier at 2015-10-03 07:51 | 編集
ReikoJanvierさんへ

私にはとても真似できそうにないわねー
時には自然災害があった地方の方へのスズメの涙ほどの
寄付位でしょうか、それも定期的と言うものではなくて1度限りのものです、お恥ずかしい限りです

素晴らしい事が自然に行える頭が下がります
私利私欲ばかりになってる私の頭をフライパンで殴られたような
衝撃でしたねー

ReikoJanvierさんの慈善事業のようなご立派な行為を
神様には理解して、お守り続けてくださっていますよー




Posted by ぴんくモッチー at 2015-10-05 11:52 | 編集
ぴんくモッチーさん、
一度寄付すると次から次へと振り込み用紙が来るのです。今日届いたのは“口と足とで描く芸術協会”からの絵ハガキと絵こよみです。普通は通信販売するらしいのですが、私はそれを買うというより寄付金を送ります。私の以前の犬の花ちゃんが救助された大阪のARKからも振り込み用紙が年に何回か来ます。その他は年に一度にまとまった額を送っていますが、正直言うと、やめると悪いかなという気持ちがあって、本当の慈善家ではないですよ。それでも寄付したりすると少しはみんなが幸せになれるかなと思って気分がすっきりします。

Posted by ReikoJanvier at 2015-10-05 18:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する