FC2ブログ

心でしかよく見えない

以前は何十匹もいた猫、今は家猫3匹外猫3匹になり、初めて犬のいない暮らしをしています。英語、フランス語、ドイツ語、ピアノ、細々と続けています。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より。

誰が為に鐘は鳴る
2015-10-06 18:18


I read a few Hemingway's novels when was a student. I thought he was a great novelist, but I was too young to take to those sad stories. This time I watched the movie "For Whom The Bell Tolls", which stars Ingrid Bergman, who is stunning even though she is plainly dressed.
J'ai lu des romans d'Hemingway quand j'étais jeune. Hier j'ai vu le film "For Whom The Bell Tolls" , c'est un très vieux film sur la guerre civile en Espagne.
Ingrid Bergman était très jolie dans le film même si elle était habillée simplement.(2015.10.6)
学生の頃読んだので感銘を受けたことしか覚えていませんが初めて映画で見てみました。イングリッド・バーグマンの美しさに見とれました。

トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/799-126599f2
トラックバック
コメント
ReikoJanvier さん

こんばんは
「誰が為に鐘は鳴る」  題名は聞いたことあります、
内容は知りませんが、ロマンスの名作と聞いてます。
マカロニウエスタンとかはよく見ました、
昔の映画は、よかったですね。
Posted by しろ at 2015-10-06 20:35 | 編集
ヘミングウェーの小説ですね。
若いころに読みました。映画も良かったです。
髪を男の子のように短くした、イングリッド・バーグマン、
綺麗な人はどうやってもきれいですよね。
Posted by まりんママ at 2015-10-06 21:36 | 編集
たぶん映画は見たことがあると思います。
昔のハリウッド映画は若いころよく見ました。
今の映画にはない品格があって、女優さんが輝いていますね。
ミュージカルも好きでした。
Posted by NEccoSun at 2015-10-06 22:56 | 編集
バーグマンの美しさは抜きん出ていました。知的で…
ヘミングウエイ…  青春… 
最後まで読んだと思える作品は老人と海と誰が為に…
でももう覚えてません。
映画「巴里のアメリカ人」という映画を後年見てるのですが、パリに集まった作家や画家たちが遊びほうける中に、たしかヘミングウエイもいて、それが印象に残っています。

Posted by carmenc at 2015-10-07 01:17 | 編集
しろさん、
西部劇がお好きだったんですね。
私は弟が見ていたのでいっしょにマカロニウエスタン見た覚えがあります。
英語では“スパゲティウェスタン”と言いますが、
イタリアで撮影されたからでしょうか?

Posted by ReikoJanvier at 2015-10-07 08:17 | 編集
まりんママさん、
ほんとうにそうです、美しい人は何を着ていてもどんな髪型をしていても美しいですね。
特にこの映画では質素な服を着ているのでイブニングドレスをして化粧をしてるバーグマンより魅力を感じました。
学生時代は本の虫だったので私もヘミングウェイは何冊も読みました。
その頃アメリカの作家では一番好きでした。

Posted by ReikoJanvier at 2015-10-07 08:19 | 編集
NEccoSunさん、
この映画を見た時、女優さんたちが美しくてグラビア雑誌も買って憧れていた学生時代を思い出しました。
ハリウッドでは男優さんも背が高くて映画からでは分からないけれどみな長身なのには驚きました。

Posted by ReikoJanvier at 2015-10-07 08:20 | 編集
carmencさん、
私もイングリッド・バーグマンが大好きでした。
“カサブランカ”でも音楽“As Time Goes By” とバーグマンの美しさが忘れられません。
でも本については私も若い頃に読んだので読んだという事しか覚えていません。
コメントありがとうございました。
Posted by ReikoJanvier at 2015-10-07 08:22 | 編集
ReikoJanvierさんへ

私でも『誰の為に鐘が鳴る』のタイトルは記憶がありますねー
感動する映画を鑑賞した後は素敵な余韻に浸れますよねー

一歩映画館への足を踏み入れると、また来ようと思うんです
しかし、気持ちの余裕が無いというのか映画を見るときは
スクリーンの大きい映画館で観たいって思うので

都内ではヒルズのシネマがシートも広くて行くと二本続けて観てしまうくらい居心地最高なんですよー
TOHOシネマズ 六本木ヒルズの価格も50歳以上だといつでも1100円で観れちゃうんですよー
ReikoJanvierさんのお蔭でまた、行きたくなりました~\(*´▽`*)/
Posted by ぴんくモッチー at 2015-10-07 11:44 | 編集
ぴんくモッチーさん、
私の地域も映画館は夫婦で行くと入場料ひとり1000円です。
たぶんカップルでもそうだと思います。
私は木曜に行く事がないので残念ですが、木曜はレディースデイで女性は1000円です。
最近はレストランまでレディースデイはサービスがいいんですよ。
忙しい毎日の中で何かを楽しめる余裕を持ちたいと思っています。
Posted by ReikoJanvier at 2015-10-08 08:34 | 編集
こんばんは~

イングリッド・バーグマンの映画、幾つか観た事があります。
この映画も懐かしいです。また観たくなりました♪
彼女は本当に美しいですね。
目の輝きが素敵です(*^^*)

Posted by ハーモニー at 2015-10-10 21:10 | 編集
ハーモニーさん、
とても背の高い方で気品があって素敵でした。
映画の中の主人公以上にたくさんの恋愛をされて自由に自分の道を生きて行かれたようですね。

Posted by ReikoJanvier at 2015-10-11 08:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する