FC2ブログ

心でしかよく見えない

現在猫6匹のみ、初めて犬のいない暮らしをしています。ピアノ、英語、フランス語歴は長いですが、数年前からドイツ語勉強し始めました。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より

映画"私を離さないで"
2015-10-16 19:05


Without knowing it was a sci fi movie, I rented " Never Let Me Go" and watched it today. I haven't read Kazuo Ishiguro's novels, but " The Remains of the Day" was a good movie, so I wanted to try another one based on his novel.
In the future, if clones are produced, will they be treated as human?
In the movie, they are born to be organ donors in order to help other people's lives. Even though they have emotions, they are due to die young. It would be a big issue if it became reality.
Je n'ai pas pensé que le film était de la science-fiction.
Heir, j'ai vu le film"Never let me go", ça m'a fait froid. Dans le film les clones ont des émotions, mais ils doivent faire des sacrifices pour les malades et meurent.
Pour sa longévité, le genre humain les crée, est-ce possible dans l'avenir?
Je pense que c'est possible.
(2015.10.16)I
"Never Let Me Go 私を離さないで"は、以前見て気に入った、日の名残り The Remains of the Day"のイギリス在住の日本人作家の小説を映画化されたものです。予告も見ずSFだと知らず見出しました。100歳以上の長寿社会で臓器移植提供させるのが目的で作られたクローン人間、感情も個性もあるのに若くして命を奪われていくのが哀れ、それでも未来にはありそうなストーリーに思えました。
Recently I rented 5 DVSs last week, but I only managed to watch one of them.
父の所へ通うので忙しくて余裕がない毎日です。
J'ai loué cinq DVD récemment, mais j'ai pu en voir seulement un .
トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/802-80aa9f4e
トラックバック
コメント
初めまして。映画お好きなんですね。
私も大好きです。^^

他のサイトの映画レビューでチェックしたら、
少女漫画を見ているようだとあったのでSFで少女漫画?!
俄然興味が湧いてきました。(笑)

TUTAYAにあるといいのですが。。^^
Posted by moon at 2015-10-17 08:10 | 編集

初コメありがとうございます。
私もTUTAYAで借りています。
外国人とは長い間付き合っていて今も15人くらいの人とたいてい毎日話します。
それでも人それぞれの癖があるから映画の中のように自然な英語やフランス語に触れる事も大事なんです。

同じ原作者の“日の名残り”は素晴らしい映画で、当時19歳だった私の息子でも見て良かったと言っていましたので、
きっと若い方にも受け入れられると思います。
今回はその原作者の作品だったので見てみました。
Posted by ReikoJanvier at 2015-10-17 08:40 | 編集
「日の名残り」は確か読んだか観たかしたと思います。

SFはあまり見ませんがこれは面白い設定ですね。
臓器移植させることが目的のクローン人間って将来ありうるから恐ろしい。
見ると辛くなりそうですが気になります。




Posted by NEccoSun at 2015-10-17 17:06 | 編集
NEccoSunさん、
ほんとうにそうです。私の子供の頃から思えばi-phoneなどは未来のディバイス、医学も医療器具も進歩しているから、いつかこの映画のようなことがありえるかもしれません。
大富豪がが自分のクローンを作って自分が長生きするために利用するとか…。
内容はSFですが見ている時は普通のドラマのようでそんな感じがしませんでした。
現実感を出すための手法かもしれません。
Posted by ReikoJanvier at 2015-10-17 20:38 | 編集
Reikoさん
お忙しい合間でも、自分の好きなものの中に浸るのは大事だと思います。それが次の1歩の後押ししてくれると思います。

その映画は見ていませんが「A.I」という、人工知能を持った可愛い子供のロボットが、養子として可愛がられているなかで、実子が生まれた話ですが、可哀そうで、胸が押しつぶされそうで、途中で逃げてしまい結末は知りません。 でもいつまでも 忘れられない映画です。

そんな未来、思っている以上に すぐそばなんでしょうね。
Posted by 有閑Nami at 2015-10-18 07:35 | 編集
有閑Namiさん、
知能があり心があるロボットやクローンが作られることの可能な時代になり、(世界のどこかではきっと秘密研究所でもう作られているのかもしれません)人間のエゴで勝手に作り使い捨てていいのかと考えさせられます。クローンでなくて臓器だけ作ればいいのでは、また感情のないロボットだけ製造すればいいのでは、と思っています。
Posted by ReikoJanvier at 2015-10-18 08:05 | 編集
クローンって、本当に未来にありそうな題材ですよね。
目的が臓器提供のためにっていうのが、悲しすぎます。
クローン羊のドリーやクローン牛っていましたが、人間もすでに作られてるかもしれないですよね!
考えたらとてつもなく恐ろしいことです。
未来は美しいものであって欲しいと願うばかりです。

よもぎ&グレースのお誕生日にお祝いコメントありがとうございました♪
Posted by ティアラ家ママ at 2015-10-18 23:08 | 編集
ティアラ家ママさん、
医科学のレベルはそれが可能な時代になっているので、あとは倫理の問題ですね。
作家はSFだと言って書いた小説が、人間の欲やエゴイズムのために、現実になる日が来るかもしれません。
コメントありがとうございました。
Posted by ReikoJanvier at 2015-10-19 08:13 | 編集
ReikoJanvierさんへ

SFは怖い嫌いで全く興味を示さなかったのですが
内容によっては未来に繋がる素晴らしいものもあるのですねー
これからは、毛嫌いせずに選んで観ることにしたいですねー

お父様のお身体の調子は如何ですか?
毎日通うのは大変かと思われますが
ReikoJanvierさんの顔を見て安心されると思いますので
寄り添ってあげて下さいねー
Posted by ぴんくモッチー at 2015-10-21 10:46 | 編集
こんにちは、作家の佐藤亜紀はあまりにエモーショナルな情動を追いすぎているとひょうかしているようですが、実際この映画見たこと無いので判りません。韓国映画でも亡くなった人と別な人を愛してしまったのですが、その亡くなった人の一部の臓器が移植されていた人を愛したという物語です。実際臓器を移植してみないと判らないです。でも現実に無いとも限らないのでは。
Posted by purotoko at 2015-10-21 15:53 | 編集
ぴんくモッチーさん、
父のことを心配してくださってありがとうございます。良くも悪くもなくならず、何とかよろよろ歩いて自分で服を着替えたり食事をできる程度です。薬を飲むのは手伝わないとすぐに床へ落としてしまいます。また時々持病のぜんそくのため咳き込んで苦しそうになるのでそばにいてあげてます。

今回の映画は恐いと言うより、せつなく悲しい物語でした。クローンだから感情がないわけではないという設定のこの映画、愛した人が何回かの臓器提供後ご亡くなってしまったら、主人公は予定より早くリストに載せてもらい最後を待つというストーリーでした。
Posted by ReikoJanvier at 2015-10-21 19:31 | 編集
purotokoさん、
カズオ・イシグロの‘The Remains of the Day’が原作映画共によかったので、の映画を見てみました。でも昔現実ではありえないと思っていたことが今では当たり前のことがたくさんありますよね。
映画は最初SFだと知らずの見ていたのです。何か変と思っていたら主人公はクローンだったんです。評価は知りませんが、見て良かったと思いました。
Posted by ReikoJanvier at 2015-10-21 19:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する