FC2ブログ

心でしかよく見えない

以前は何十匹もいた猫、今は家猫3匹外猫3匹になり、初めて犬のいない暮らしをしています。英語、フランス語、ドイツ語、ピアノ、細々と続けています。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より。

酒屋さん店仕舞い
2015-11-28 06:48

The liquor store near my house is going to close next month. When I ordered a few boxes of beer, some beverages, canned coffee and apple juice, etc. the late owner's wife said that it was time to close for good. Since her husband passed away 23 years ago, she has been working hard to run the shop. I am one of her loyal customers who ask her to deliver, but recently many people buy alcohol at a supermarket or mega market.

Le magasin d'alcool de mon quartier va fermer.
Aujourd'hui, j'ai demandé de la bière et des canettes de café, la femme les a livré hier soir. Elle a dit qu'elle devait fermer le magasin car tout le monde fait ses courses au supermarché. Elle a beaucoup travaillé depuis que son mari est mort il y a 23 ans.
(2015.11.27)


これまで酒屋さんにビールや缶コーヒーなど配達してもらっていましたが、ついに店を閉めるのでこれが最後といわれ、寂しく感じました。

トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/814-b2a698d3
トラックバック
コメント
ReikoJanver様
おはよう御座います。

酒屋さんはコンビニになるのでしょうか。元々酒の
免許があり、立地もいいところにあるのでコンビニ
の勧誘が多いと聞いています。

愛新覚羅

Posted by aishinkakura at 2015-11-28 07:54 | 編集
愛新覚羅 aishinkakuraさん、
残念ながら本当にお店をやめられるそうです。
お酒を売る権利を返却してしてしまったそうです。

ご自分のひとり娘さんももう跡を取らないそうだし、
ご主人が23年前に亡くなった後、まだ若かったのに再婚もせず、
二人の舅姑を面倒看ながらお店をやり、
配達も若い学生を使って夜中にやってみえました。
だから私の家の配達もいつも夜でした。
12月からやっと自由になれるので案外ホッとしてみえるかとも思います。

(私はまだ隣町のもう一軒の酒屋さんとの付き合いがあります。)

Posted by ReikoJanvier at 2015-11-28 10:07 | 編集
こんばんは。

ディスカウントでなく町の酒屋さんを贔屓にしてくださってありがとうございます。

酒屋も本当にしんどい仕事です。
特にウチの場合は夜の店が得意先なので
時間にまったく余裕がありません。

僕も家族がいなければ、とっくの昔にやめています(笑)

夜にはゆっくりした時間が持てる!
そんな生活をしてみたいです。
Posted by 孝ちゃんのパパ at 2015-11-29 00:52 | 編集
孝ちゃんのパパさん、
私は数少ないお得意さんのひとりだったようです。

昔は切り売り(言葉を知らなくてごめんなさい)で一合酒もお店で出してみえました。
神社のお祭りの時は、お神酒を議員さんなどがお供えとして注文されるので、
その時期だけはさすがに配達に忙しそうでした。
私より少し年上の方ですが、やっとお家でくつろぐ時間ができるようです。

孝ちゃんのパパさんも夜の配達があっては大変ですね、
身体こわさないようにしてくださいね。


Posted by ReikoJanvier at 2015-11-29 08:17 | 編集
ReikoJanvierさんへ

自営業の経営者さんはそれぞれご事情を抱えながら
維持していくのが大変な時代なのでしょうか?

主人の兄夫婦もいまだに酒屋さんを経営しています
もう、70歳を過ぎてるので維持していくのも時間の問題かと思われます。どこも後継者が居なければ存続が難しいのでしょうね

もう一軒のお店とはお付き合いがあるので不便では無いですね
でも、ご近所さんが店じまいとなると寂しいのは解ります
Posted by ぴんくモッチー at 2015-11-29 14:59 | 編集
ぴんくモッチーさん、
私が酒屋さんに注文配達してもらうのは、他の人のようにスーパーへ付いて行ってビールのケースを持ってくれてる夫がいないし、私の猫にいつも愛想を言ってくれるし、昔からのお付き合いをブチッと切ってしまいたくなかったし、といろいろな理由があります。
もう一軒の酒屋さんは昔はお醤油も樽でいただいていましたが、それはさすがにやめてしまいました。
お義兄さんの酒屋さんこれからも大変でしょうけれど頑張って下さるように応援しています。

Posted by ReikoJanvier at 2015-11-29 20:19 | 編集
こんにちは♪
なじみのお店が閉まってしまうと寂しいですよね。

私の実家も以前、小さなお店を開いていました。
祖母の時代からあったのです。
やっぱりスーパーなどが近くに開店するとお店も大変だったようです。
引越しをきっかけに閉じてしまいました。

ReikoJanvierさんが地元のお店を利用して下さっていたこと、
とっても嬉しい気がしました(*^^*)
Posted by ハーモニー at 2015-12-02 16:36 | 編集
ハーモニーさん、
コメントありがとうございます。
ハーモニーさんのご実家もお店だったのですね。
私の息子の同級生のご両親のお家も小さい八百屋さんでしたが、
お店をやめられる直前まで行っていました。
八百屋さんと言ってもお菓子やパンを置いてみえて、
スーパーと違ってひとつひとつ丁寧に並べてみえたので、
パンがふわっとしていたんですよ。
Posted by ReikoJanvier at 2015-12-02 20:59 | 編集
お酒に限らず個人商店がやっていくのは難しい時代となりました。
このお店の奥さまは旦那様を無くされてから苦労して切り盛りされてきたのでしょう。
残念ですね。
昔からのお付き合いを大事にされるReikoさんのようなかたがもっと増えるといいのですが。
Posted by NEccoSun at 2015-12-02 22:21 | 編集
NEccoSunへ、
息子に私は情が深すぎるし決断力がないから駄目だと言われてます。
確かにいろいろ損したり自分の意思に反して知人に利用されたりしたこともあります。
酒屋さんのことと話がそれてしまいましたが、その酒屋の奥さんがとても良い方なので、
また猫が好きなので私もずっとつきあっていました。




Posted by ReikoJanvier at 2015-12-03 08:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する