FC2ブログ

心でしかよく見えない

以前は何十匹もいた猫、今は家猫3匹外猫3匹になり、初めて犬のいない暮らしをしています。英語、フランス語、ドイツ語、ピアノ、細々と続けています。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より。

クリスマスの思い出
2015-12-16 18:56

When I was a child, I was rarely happy when I was with my younger brother. He was a bit shrewd, he often pretended as if he had done nice things for our parents by himself, even though it was me who had carried out those thankless tasks thinking of our parents. I was too timid and reticent to tell my parents the truth, then later, I often felt sad when they thanked my brother and favored him. I still look back on those days when I go to my father's place, I regret my passivity.
Je me souviens du temps où j'étais petite. Mes parents aimaient beaucoup mon frère , j'étais toujours triste. Mon frère était fort pour faire plaisir à mes parents, il feignait d'être un bon garçon, et moi, j'étais le contraire, très gauche.
(2015.12.16)
時々、小さい頃は両親は弟ばかり贔屓していたのに、今では父が私を頼るのを、ちょっと不公平だなんて思ってしまいます。
クリスマスケーキを切り分けるといつも弟が好きな所を先に取り私は後だったことを思い出しています。
Generally, women are romantic, and they expect fancy presents from their partners.
One of my language teachers said she was disappointed when she received a pair of socks from her boyfriend for her birthday and decided to leave him. I think there must have many reasons why she decided to break up with him, but because of the last small incident she was not able to continue the relationship. It was the straw that broke the camel's back
As for myself, I rarely get birthday presents from my husband, but I've never been upset with him.
(2015.12.22)
私のフランス人の女の先生が、付き合っていた男性がプレゼントにソックスをくれたのが気に入らず、その後別れたそうです。ソックスはきっかけだったかもしれませんが。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/818-832d88e9
トラックバック
コメント
ReikoJanvierさんへ

そういえば私の子供の頃、母は姉ばかり優秀だからと誉めて
私には厳しかったのだが、今では私には甘えています
親ってそういうものなのでしょうか?
Posted by ぴんくモッチー at 2015-12-16 19:48 | 編集
ぴんくモッチーさん、
やはりそうなんですか?
知り合いの家族もきつくしつけられた娘さんが今では親の面倒を看ていますよ。

私の父が言うには母も私に愛情がなかったわけではないのですが弟を溺愛し甘やかしたしまったようです。
父も自分では気づいていないけれど弟の方をとてもかわいがっていましたが私達が結婚したらガラッと変わりました。
弟は一緒の敷地内にいるのに自分のお嫁さんに父の世話をさせずに私にすぐに電話をかけてきます。
父も私のほうが頼みやすいようです。
Posted by ReikoJanvier at 2015-12-16 20:09 | 編集
こんばんは。
僕も姉がいますので、我が家と重ね合わせて拝読しました。
でも状況はreikoさんのおうちとは逆かもしれません。
すごく素晴らしい英文ですね。
Posted by ST Rocker at 2015-12-16 21:36 | 編集
STロッカーさん,
お姉さまとお父様が近くか一緒に住んでみえるのでしたね。
会いに行かれると喜ばれることでしょう。
英文のこと誰に褒められるよりSTロッカーさんに言ってもらえるとうれしいです。
英語をやっている人でないとタッチの違いがわかってもらえないです。

Posted by ReikoJanvier at 2015-12-16 23:39 | 編集
ReikoLanvier様
おはよう御座います。

アハハ、そんなものですよ。
私は長男なのですが得をしたことはありません。
父親が早く亡くなったので親戚の冠婚葬祭は
全て私が出席させられました。
そして今は母親の面倒まで看ています。
兄弟は下に生まれた方が絶対に得です。

愛新覚羅


Posted by aishinkakura at 2015-12-17 07:58 | 編集
先日は父の誕生日にコメントをありがとうございました
うちは3人兄妹でしたが、ケーキは必ずじゃんけんでした
泣いても怒っても勝った人から取るので親は関係ありませんでしたね
でも甘やかされて育ったのは一番下だと思います
親も面倒だったので言うことを聞いてしまったとのちに言ってました(笑)
Posted by ししゅうねこ at 2015-12-17 21:09 | 編集
ししゅうねこさん、
じゃんけんとはいいアイデアですね。
さばけたところがない私の両親と大違いで羨ましいです。

女の子ばかりならちょっと事情が違ったでしょうが、
2歳下の弟が生まれた時は両親はとても嬉しかったに違いありません。

思春期になった弟に手が負えなくなった頃から、
特に反抗期もなかった私の方がいっしょにいて楽だったのでしょう、
少しずつ目を向けてくれたように思います。

コメントありがとうございました。
Posted by ReikoJanvier at 2015-12-17 22:45 | 編集
こんばんは Reikoさん
小さい時の記憶って残っていますね。
子供にとっては少し淋しいことでしたね。
でもお二人の姿を見て
今はReikoさんを頼ってらしゃるお父様
優しく大事にしてあげているからなのでしょうね。
Posted by イヴまま at 2015-12-17 23:36 | 編集
イヴままさん、

いいことってなかなか思いださなくて悲しかった事ばかり思い出すのは私だけでしょうか?
大学も親元離れた所へ行き大学出てすぐに22歳で結婚したのもそんな両親と一緒にいたくなかったのも一つの理由です。

今は父はすっかり忘れてしまっているようです。
Posted by ReikoJanvier at 2015-12-18 07:57 | 編集
弟さんはちゃっかりした性格なのでしょうか。
Reikoさんは控えめでいらしたのですね。
私の母も弟の方を可愛がっていました。(と思います)
そんな母は若くして亡くなり、施設に入った父の面倒は最後は弟が見ていました。
母が長生きしていたら弟の人生も変わっていたことでしょう。


Posted by NEccoSun at 2015-12-18 18:37 | 編集
NEccoSunさん、
弟さんちゃんとお父様の面倒を看てみえたのですばらしいです。
私の弟も最近は少し父の事を気にかけてくれるようになりました。
私は主人の両親と同居していたし二人を看取ったので、
年寄りは慣れていますが、やはり遠くへ通うのは大変です。
NEccoSunさんはご両親がいなくて寂しいけれど猫ちゃんの世話もあるから癒されますね。
Posted by ReikoJanvier at 2015-12-18 21:12 | 編集
愛新覚羅aishinkakuraさん、
親子でも相性があって母は弟を溺愛していましたが、
私にはすごく厳しかったです。
休みの日もちゃんと6時には起きてお手伝いしましたよ。
父にも私にはすぐ姉だからと言って我慢させられました。

でもそのおかげで主人の両親とも何とかやってこれたのかなと思っています。
Posted by ReikoJanvier at 2015-12-19 22:10 | 編集
拙いブログをいつもご覧いただいて本当にありがとうございます♪
いつも読み逃げばかりで申し訳ありません・・・。

先日は心温まるコメントを頂戴して、とても嬉しかったです☆

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます!

子供のころのクリスマスの懐かしい記憶って、大人になってもずっと残りますよね。

ではまたおじゃまさせていただきます(*^^*)/
Posted by クルーズママ at 2015-12-21 08:46 | 編集
クルーズママさん、
こちらこそいつもありがとうございます。
お互いに体調が悪い事も時々あるでしょうけれど頑張りましょうね。

クルーズママさんのブログとても洗練されていて素敵です。
私は写真が苦手なので平凡なエントリーになってしまいますが、
これからもよろしくお願いします。
Posted by ReikoJanvier at 2015-12-21 22:56 | 編集
こんにちは^^
ReikoJanvierさんもそんな思い出があるんですね。
私も学生の頃、兄には新品、私はお下がり...
ちょっと納得いかなかったりした事がありました。
今でも兄の方に気を使っているような気がするんですよ~

今日はクリスマスイブ~☆ 
ReikoJanvierさんに素敵なひと時がありますよう祈っていますね。
楽しい時を..
メリークリスマス(*^^*)..:*゚☆



Posted by ハーモニー at 2015-12-24 09:13 | 編集
ハーモニーさん、
どこの家でも同じですね。親は気付いていないと思います。私は夏休みなど寝坊させてもらえませんでした。冬も寒いのに早くから庭掃除手伝いましたが、弟は音楽聞いて遊んでいました。
そのおかげで舅、姑と長い間一緒に暮らせたし、辛いことも乗り越えられたのだと思います。弟はいいい年なのに何かあるとすぐに私に電話してきます。
Posted by ReikoJanvier at 2015-12-24 16:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する