FC2ブログ

心でしかよく見えない

以前は何十匹もいた猫、今は家猫3匹外猫3匹になり、初めて犬のいない暮らしをしています。英語、フランス語、ドイツ語、ピアノ、細々と続けています。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より。

父の病室
2016-03-10 08:37

父の病室
It was raining, but I was able to get to the hospital in 40 minutes yesterday.
My nephew and his wife were in my fathers' room when I arrived. She is expecting a baby this autumn, and their baby will be the first great-grandchild for my father.
My father has been on an IV drip for one week, and his doctor doesn't allow him to eat solid food. Today he spoke a lot and looked tired, but he must have needed to chat with me.
Il pleuvait, mais j'ai pu arriver à l'hôpital plus tôt que d'habitude.
Dans la chambre de mon père, mon neveu et sa femme étaient déjà là, ils vont avoir un bébé après l'été, ce sera le premier arrière-petit-enfant de mon père.
Mon père doit être extrêmement content de cette heureuse nouvelle. Ça va lui donner des forces.
Mon père est sous perfusion depuis une semaine, son docteur ne lui permet pas encore de manger de la nourriture solide.
Hier il avait l'air fatigué mais il m'a beaucoup parlé, il avait besoin de me voir et de bavarder.
(2916.3.9)
I took my son to the hospital yesterday. My father looked happy to see his grandson and kept on talking for nearly an hour. He even wanted to practice walking using a walker, as he knew that my son and I would help him.
Later, my son said that his grandfather is in better shape than his mother.
J'ai emmené mon fils à l'hôpital pour voir son grand- père hier. Mon père a parlé pendant longtemps et a voulu s'entraîner à marcher en utilisant un déambulateur car il savait que mon fils serait là pour l'aider, il a feint d'être énergique.
Après, mon fils m'a dit que son grand-père était en meilleure forme que moi.
(2016.3.10)
It was already late in the evening when I got back home from the hospital yesterday. My father must have been waiting for my telephone call to tell him I got back home safely, as he answered the phone immediately.
I was not able to do much of my evening routine, let alone watch movies, but it was a peaceful day, so I should appreciate it.
Il était déjà 5 heures quand je suis rentrée chez moi de l'hôpital hier. Je n'ai pas pu faire beaucoup de choses pour moi-même, mais je pensais que je devais remercier la vie d'être en paix.
(2016.3.11)
実家の父の入院している病室で甥夫婦に会い、夏過ぎに父のひ孫が生まれるというニュース聞いてうれしかったです。

トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/837-d8a80913
トラックバック
コメント
夏過ぎに ひ孫さんが生まれるとの事...
本当におめでとうございます。

お父様もうれしいニュースにとても喜ばれた事でしょう~~
(*^^*)
Posted by ハーモニー at 2016-03-10 12:34 | 編集
ReikoJanvier様
こんばんは。

この写真の部屋が病室ですか?
なんともリッチですね。
私も明日から入院です。大部屋ですが。

愛新覚羅

Posted by aishinkakura at 2016-03-10 20:03 | 編集
ハーモニーさん、
それまで頑張ってほしいと思っています。
今はまだ何とか自分で歩いておトイレも行けますが満88歳でよぼよぼです。

ハーモニーさんはお若くても体調がよくなかったようですがお元気でお過ごしくださいね。
Posted by ReikoJanvier at 2016-03-11 07:10 | 編集
愛新覚羅 aishinkakuraさん、
父は広い特別室にいます。大きなテレビが二つもありキッチンも浴室もついていますが全く使わないし、
誰もいない部屋に一人で寂しそうです。
面会に自由にまた何時間でも居られるのでその点は良いのですが、
父や実家の弟は私が毎日行ってそばにいるのを期待しています。
私もそのつもりではいたけれどとにかく忙しいです。

aishinkakuraさんもお大事にしてください、早く普段通りの生活ができるように祈っています。
Posted by ReikoJanvier at 2016-03-11 07:11 | 編集
お父様のお部屋は広くて長居することも出来るのですね。
でもさすがに毎日通うのは大変でしょう。
Reikoさんの電話を心待ちにしていたようですが
本当は寂しいのですね。
いくら行き届いたケアをしてもらえても
家族と一緒の喜びに勝るものはないのだと思います。

Posted by NEccoSun at 2016-03-14 21:23 | 編集
NEccoSunさん、
いつもコメントありがとうございます。

毎日ってほんとうにたいへんです。
色々自分のやりたい事は後回しですのでちょっとストレス溜まります。

父の病室はいつも特別室なので広すぎてかえって落ち着きません。
部屋にある洗面所やトイレまで数メートルあるので父も歩くのが億劫なようです。
もう88歳だからどんなに長生きしても10年です、今を大事にしたいと思います。
Posted by ReikoJanvier at 2016-03-15 08:03 | 編集
ReikoJanvierさんへ

お父様入院されていたのですねー
入院されていると、とにかく寂しくなるので
ReikoJanvierさんは家事とお父様の御世話超と
大変ですが寄り添ってあげてくださいねー

ご家庭にいるような環境のままのゴージャスな特別室で
お過ごしになられていらっしゃるのねー
ご家族の方もゆったりとした気分でお見舞いが出来ますねー

お父様のご快復をお祈りしています


Posted by ぴんくモッチー at 2016-03-19 12:48 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2016-03-20 00:03 | 編集
ぴんくモッチーさん、
いつもコメントありがとうございます。
毎日リハビリで歩く練習に付き添っています。
せいぜいローカ200メートルくらいですが、父は30分ほどかかって歩きます。
時々よろけるのでまだ去年のように大怪我するといけないので、一人では歩いてほしくないのです。
寝たきりになると家族も大変なのでできる限り今の状態を保ってほしいと願っています。
Posted by ReikoJanvier at 2016-03-20 07:59 | 編集
鍵コメさん、
親の年が同じだからきっと私達も同じ世代かと思います。
お互いに年取って行く親を看取らなくてはいけないですね。
永久に会えるわけではないから私はできる限り面倒見たり話をしたいと思っています。
鍵コメさんも健康に気をつけてお過ごしください。
Posted by ReikoJanvier at 2016-03-20 08:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する