FC2ブログ

心でしかよく見えない

以前は何十匹もいた猫、今は家猫3匹外猫3匹になり、初めて犬のいない暮らしをしています。英語、フランス語、ドイツ語、ピアノ、細々と続けています。ブログの名前は“Le Petit Prince 星の王子さま”より。

懐かしい人達
2016-05-20 08:57


Recently, I found some cherished letters by chance while I was cleaning a bow window. They brought back a lot of memories from the 80's and 90s. I put them in a transparent box so that I won't lose them again.
Récemment j'ai retrouvé les lettres que j'avais reçues entre 1995 et 1998 par hasard quand je faisais le ménage. Elles m'ont rappelé beaucoup de souvenirs.
Je les ai mises dans une boîte transparente pour ne pas les perdre encore.
(2016.5.20)
20年くらい前にもらった手紙がいつの間にかなっていたのに偶然見つかってしばらく読み直し胸が熱くなりました。
事故で亡くなった ことを私に知らせてくれたシドニーの友人のお母様からの手紙には、彼女の書いた最後の手紙が私宛で助手席に置いてあったので送りますとありました。
片方の手紙は私の英語を褒めてくれていて、日本で良い友だったこと忘れないと書いてあります。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://cestlavie889.blog135.fc2.com/tb.php/857-e8f679dc
トラックバック
コメント
共時性。When I was a university student, I belonged to Japanese Noh club. I rarely attended that club. One day, I happened to visit the club house when nobody was there. Then I found an appreciation letter written by the mother of one of my junior. It said,” Thank you for the visit to my daughter’s funeral.” She had committed suicide. Maybe, she had invited me to make me know about her death. Maybe, your friend had made you read her letter.
Posted by motomasaong at 2016-05-20 15:23 | 編集
motomasaongさん、
Thank you for your comments. I really feel sorry for those mothers who have lost children. I still haven't been able to visit her parents' house even though they kindly invite me there. It is not because Australia is far but I don’t know what to say to them after all these years. For the parents, the fact that Fiona died is still real.
Posted by ReikoJanvier at 2016-05-20 17:47 | 編集
お早う御座います。もつべきものはやっぱ友です。お金ではありません。
その中でも一生付き合っていけるのは一人か二人です。
Posted by purotoko at 2016-05-21 04:43 | 編集
purotokoさん、
大勢友達はいるけれど本当に何も話せるお友達は少ないです。
良い関係の人とは長い間会っていなくてもすぐに心が通じ合いますよね。
Posted by ReikoJanvier at 2016-05-21 09:10 | 編集
この手紙は偶然見つかったとは思えませんね。
また巡り合えて亡くなられたお友達も喜んでいらっしゃることでしょう。
今はお忙しくていらっしゃるけど
いつかご両親を訪ねて行かれてはいかがですか。

Posted by NEccoSun at 2016-05-21 15:09 | 編集
NEccoSunさん、
そうかも知れません、見えない力が働いて無くしていた大事な手紙を私の元に返してくれたような気がします。
シドニーは今では遠いところではありませんが会って彼女の話をする時になってお母さまが思い出して泣き出すのではないかと思ってしまいます。大学を首席で卒業し名門高校の教師をしていましたが、忙しい合間私にまめに手紙をくれました。
もう一人の人もまだメールが普及していなかった頃よく手書きの手紙をくれました。
Posted by ReikoJanvier at 2016-05-22 08:47 | 編集
Let them know !知らせてあげてくださいね。

Your friend has wanted to let you know, that she still love you and do not be sorry for her. Also, she has hoped to let her parent know, that she is still alive as a spirit, soul, and do not want them feel pity ,sorry and stay in deep sorrow and reglet. Using the letter as a message, I believe she really wants you send a message to her family for their sake. Meeting someone sometimes makes people feel sad and desperated, but writing and reading a message are completely different action. While meeting, your feeling moves. However, while writing, you can yose your reason to help people feel safe and peace. As you have your sick father, you are not afford to visit Australia, your friend has shown you that you may not come to her home country but be able to wtite a message to help her parent.
Posted by motomasaong at 2016-05-22 10:27 | 編集
ReikoJanvierさんへ

お亡くなりになられた方からの手紙がReikoJanvierさんに
お母さんの手から届けられたことが素晴らしい
絆で結ばれた友人関係だったという証拠ですねー

お亡くなりになられた方もほっとされたことでしょうね
ReikoJanvierさんは心が純粋で優しいかたなので
みんなに熱く思われるのでしょうねー

ほんとうに、良いお話をありがとう
Posted by ぴんくモッチー at 2016-05-22 12:50 | 編集
motomasaongさん、
Thank you for your comment. Adele and I keep in touch every year and she often sends me pictures of her grandchildren. Of course she can never forget her daughter but in her letters she tries to write about the good times she had with her.
Posted by ReikoJanvier at 2016-05-23 11:42 | 編集
ぴんくモッチーさん、
いつもコメントありがとうございます。
フィオナが日本にいる間一緒に岐阜へ行ったり有松絞りを買いに行ったりしたことをシドニーに帰ってから母親に話したらしく、また私のことを良い友達だといつも口にしていたと後から聞いて嬉しかったです。毎週手書きの手紙が送ってくれたすごい筆まめな人でした。最後の手紙は娘さんの生涯で最高の手紙だとお母さんは言っています。
Posted by ReikoJanvier at 2016-05-23 20:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する